家売る女の逆襲 3話ネタバレ感想|鍵村達の女装姿が話題に!4話あらすじも!

2019年冬ドラマ
スポンサーリンク

こんにちは!

今回は「家売るオンナの逆襲」第3話のネタバレ・感想、第4話のあらすじを紹介します。

今すぐ「家売るオンナの逆襲」動画を視聴したい方はコチラ<<

家売る女の逆襲 第3話 ネタバレ感想

留守堂謙治(松田翔太)は、三軒家万智(北川景子)が、昔ホームレスをしていた時期があることを知っていた。

課長の屋代大(仲村トオル)らは、なぜ知っているのかが気になり、同時にある種の怖さを感じていた。

売りにくい家を売る

一つ目は、旗竿地に立つ物件。

行動に面している部分が少なく、その路地が狭いことで再建築不可なのである。

しかも陽当たりが悪い。

三つの中で、一番売りにくいとされている。

価格は1800万円。担当は布施誠(梶原善)と足立聡(千葉雄大)が指名される。

 

二つ目は、元力士が所有していた2階建て5LDKの物件。

何もかも作りが大きい。

価格は8600万円。担当は宅間剛太(本多力)と鍵村洋一(草川拓弥)が指名される。

 

三つ目は、元画家のアトリエだった物件。

天井には照明を吊っていたはしご状のものがある。

価格は3400万円。担当は八戸大輔(鈴木裕樹)と庭野聖司(工藤阿須加)が指名される。

 

三軒家チーフは、この三つの物件を総合的にフォローするように言われる。

「フォローはしません。売る時は私が売ります。」

すぐ行こうとしない面々に「一同、すぐ行く。GO!。」

旗竿地に立つ物件

寒がる布施に足立は優しさをみせる。

最近優しいねっと言われ満更でもない。留守堂に出会って、優しくなったのかと自問自答する足立。

写真付きで現地販売していることを留守堂に知らせる。

下井草の旗竿地であることを瞬時に察知し、留守堂は返信する。

そこへ三軒家が突然現れ宣言する。

「この家は私が売ります。」

元力士の物件

白鵬192cm、稀勢の里188cmと相撲に詳しい宅間。

すもうくんのパフォーマンスに呆れ、帰ろうとする内見のお客様を必死で止める。

内見に来たお客様は関取であり、物件の優良さは認めていた。

ところが以前住んでいた力士の名前を聞いた途端、験(げん)が悪いとなり状況は一変する。

不祥事があったことが話題となり、この話は立ち消えとなったのだった。

 

元画家のアトリエだった物件

ネットの情報を見て内見にお客様がやってくる。

庭野をみて気に入り、案内をすることに。

家族状況を聞いたり、ゲイだと聞いていいですねなどと言ったり

LGBTが13人に1人と聞き微妙な驚き方をして無礼だと言われたり、庭野の対応は散々だった….。

しかも「婚姻は両性の合意のみに基いて」という憲法24条の内容も理解できない有様だったのである。

それでも家は売れた。

LGBT談義

足立の元へ、留守堂が現れた。

留守堂は足立に「三軒家さんに何かされたら僕に行ってね♡」っと伝える。

 

テーコー不動産に戻ってくる社員達

そこでLGBTの事を知らない社員に説明をする課長の屋代。

L レズビアン G ゲイ B バイセクシャル T トランスジェンダー

「トランスジェンダーとは生まれたときに割り当てられた性とは違う性を生きる人、あるいは生きたい人を言います。」と

帰ってくるなり、三軒家はいきなり話し出す。

男子として育てられたとしても、心の中では女性だと思い、違和感を持つ人たちを総称してトランスジェンダーというのである。

では、ゲイはトランスジェンダーではないかというとそうとは限らず、トランスジェンダーにもゲイはいるという。

ゲイは性的指向であり、トランスジェンダーは性自認であるからだ。

説明しても理解できないとぼやく社員に

この世に生まれた人の命は同じ重さであることを心に刻むように話す三軒家。

木村様

そこに新たなお客様が訪ねてくる。

木村真奈美(佐藤仁美)。

家族3人で中一の娘がいるという。

妻の希望は、ホームパーティーができるようなスペースがあることだ。

夫の要望については、一任されているとして濁していた…。

 

LGBTの女性二人

一方、現地販売を布施に任せ、担当客の真島みどり(沢井美優)車田智代(芳野友美)の内見案内をしていた足立。

二人はオーナーにいとこ同士だと伝えていた。

ところが二人の仲良い様子から嘘がばれてしまい、この話は立ち消えとなってしまう。

人の愛し方に対しオーナーと女性二人では全く相容れなかった。

 

真島と車田は考えが違っていた。

一方はひっそりと愛し合いたいと言い、もう一方は世間に認めさせて生きたいのだと言う。

そこへ三軒家が登場し、二人に家を探すと宣言する。

「足立には無理です」といわれ悔しくて仕方がない。

 

足立はこのことを留守堂に伝えるのだった。

そして足立と留守堂の仲良くする様子を見て、機嫌を直す真島車田

留守堂に突然帽子をプレゼントされた足立は、天にも昇る想いであった。

木村剛史の苦しみ

アポの取り方を三軒家から叩き込まれた庭野は、木村さんの夫を呼び出すことに成功する。

現れた木村剛史(池田鉄洋)に対し、二人は柱の陰に隠れ会おうとはしない。

顔だけ覚えるよう命じる三軒家。

退社する剛史を追う二人。

木村はとあるアパートへ入っていった。

ベランダには女性用の衣服が干してあった。

それを見て誤解する庭野。

部屋を訪れた二人の前には、女性用の和服を着た剛史が姿を現した。

「ここでは、きょうこって言うの」と剛史はいう。

実は剛史は、自分の性別に違和感を感じながらも社会的には男性として生きてきたトランスジェンダーだった。

妻が家を買おうとしていることは知らなかった。

ローンを組むことで夫をつなぎとめようとしているのではないかと、三軒家は推測し伝える。

二人を大切に思っていることをしみじみ語る剛史。

ただここにいる2.3時間が、女として生きていられる唯一の空間であり時間であるとも打ち明ける。

「男性として帰らなければならない家は、家とは言えないのです。」

「女性としていれる家なら買ってもいいかなぁっと」話す剛史。

三軒家の戦略

木村の妻(真奈美)は、夫(剛史)に対し女を家に持ち込まないよう言い募る。

娘に隠し通せないかもしれないことを恐れていた。

もう我慢の限界だとも訴える剛史。

一方、庭野は木村様の夫がトランスジェンダーであることを課長に報告する。

それを聞いていた三軒家は

「人の気持ちなぞ理解できなくて当然だ。理解しあえると思うことこそ傲慢である。」と言う。

 

一方、フェンシングの帰り道の足立は必死で留守堂の気持ちを探ろうとする。

「人の気持ちって本当にわからないものだから」という留守堂に

足立は「人の気持ちなぞ理解できなくて当然だ。理解しあえると思うことこそ傲慢である。」の三軒家の言葉を告げ

「理解できない気持ちが好きだって思う」と言うのだった。

家を案内する

木村様二人を三軒家は元力士の家へ案内する。

そこで待っていたのは、事務服や学生服でにわかに女装した4人であった。

そして次々とこの家の利点を並べ立てる4人。

男性の夫と住む家を希望していた妻は、次第に不機嫌になっていく…。

たけしも不愉快だとぶつけた。

これを三軒家は待っていたのだ。

私たちの苦しみなど分かるわけがないと、妻が言う瞬間を。

「二人の気持ちはわかりません。でもあなたとあなたはわかりあっています。」

「お互いの苦しさ、生きづらさを理解しあっています。」

「夫と妻としては難しいかもしれませんが、人間同士として助け合ってここでお暮しになるのがよろしいかと思いますが、いかがでしょうか。」

「私だけなら理解できますが…娘はまだ中一で・・」っと

二人は娘への想いを口にする。

そこへ娘のみつきが現れる。

父親のことは気づいていたという。

「パパとママがいるのもママとママがいるのもあんまり変わらないよ」とも言う。

 

「多種多様を認める時代をみつきさんは普通に生きておられます。」

「今木村様ご一家は、ママとママとみつき様という新しいチームとして生まれ変わりました。」

「木村まなみ様、きょうこ様、この家8600万円でお買い上げいただけますか。」

「買うわ」

と契約した木村家。

旗竿地の家

一方、LGBTの女性二人連れを案内するのは足立。

到着した三軒家は身を隠す。

苦戦する足立の後ろから現れたのは留守堂であった。

「人の気持ちなぞ理解できなくて当然です。理解しあえると思うことこそ傲慢というものです。」

しかし女性二人は相変わらず、意見はかみ合わない。

「そもそも歩み寄ることも理解することもできないのに、激しく求めあい、愛し合っているのです。」

「愛とはそういった矛盾したものなのです。」

「この家ではひっそりと愛し合いたいましま様の考えを生かし外では堂々と愛し合いたいくるまだ様の考えを生かしお互いに自分の考えを主張しながら生きるしかないのです。理解しあって歩み寄ろうなんて傲慢な考えは、今ここで捨てるのです。」

「言い争おうとも二人は愛し合っているのですから、それでいいのです。」

と説得し

「ましま様、くるまだ様この家1800万円でお買い上げいただけますでしょうか。」と促す足立。

「買います。」と2人は家を購入した。

「留守堂謙治。」とつぶやき、三軒家はその場を後にするのだった。

留守堂の目的は三軒家?!

課長や三軒家に自分が家を売ったことを声高に報告する足立。

飲みに行こうと声をかける屋代だが、皆は帰っていく。

そんな屋代に三軒家は言う。

「課長は私と二人で帰ればいいのです。」言われ安心する屋代。

 

一方、フェンシングのロッカー室で、留守堂は足立に

「僕、三軒家万智研究家だから。」

と打ち明けた。

しかし三軒家は、留守堂のことを知らないと言い切る。

家売るオンナの逆襲 第3話 感想

今回はタイプが違うLGBTのお客様に家を売る話でした。

それにしても短時間で視聴者にLGBTの何たるかを効率的に自然に、わかりやすく伝えた手法は見事でした。

LGBTの人の主張とまだ古い偏見が残る社会の両方の言い分をうまく表現しています。

細かく挟まれるLGBT情報も効果的でした。細部をいい加減に作らないこうした姿勢が、このドラマの見どころの一つですね。

足立という情報源を最大限に利用し、存在を三軒家にアピールする留守堂の手腕も見事でした。

自ら三軒家万智研究家と言うだけあって、その言動をうまく生かしたセールストークは、三軒家そのものでした。

たとえコピーだとしてもお客様の心に響く言葉の数々は、今日も光っていました。

三軒家の代表的な手法である、お客様の神経を逆撫でするような言葉を発した後に、それを見事にひっくり返すような言葉で一気におとす。

今回の木村様ご一家をその気にさせた方法も驚きの連続です。

一歩間違えば、あの女装にしても娘さんを呼んでいたこともすべて裏目に出て崩壊してしまっていたと思います。

入念に夫の本心をつかみ、さらにLGBTの経営するお店に気軽に出入りする娘さんの様子もしっかり把握しているからこそ、うまくいく確信が持てているのですね。

素晴らしい洞察力と計画性の勝利です。

前半の力士の家の内見の様子も楽しかったです。

大広間の使い方、高い調理台、たくさんの着物が入る箪笥。

相撲の豆知識もうまく入っていました。

後半に案内した八戸が高い位置にある調理台を案内しているのも芸が細かいと感じました。

木村様の夫も背が高く、調理がしやすい。すべてがうまく適合していました。

今回は活躍が少なめだった新宿営業所の面々が、たくさん顔を出しているのも好ましく思えました。

留守堂謙治は、屋代課長が思うように「闇」がある人間なのでしょうか。

それとも珠城こころ(臼田あさ美)が思うようにそれほどでもないのでしょうか。

今回も留守堂の目的は見えてきていません。

三軒家と留守堂の直接、間接での対決も今後どうエスカレートしていくのか楽しみです。

視聴していた人の感想

Twitter / ?

家売る女の逆襲 第3話の見逃し動画を安心に視聴する方法!

ドラマ「家売るオンナの逆襲」第3話は

放送終了後、1週間は「TVer」で無料配信されています。

1週間以上経過している場合は「Hulu」で視聴可能です。

>>TVerはコチラ<<

>>Huluはコチラ<<

より詳しい情報は以下の記事で紹介しているので是非ご覧ください。

>>「家売るオンナの逆襲」動画をお得に無料視聴する方法<<

Sponsored Link

家売るオンナの逆襲 -第4話-のあらすじ

<第4話 あらすじ>

4月に始まる働き方改革に向け新宿営業所では労働時間の見直しをすることに。残業を減らすことと売り上げを上げることの板挟みに苦しむ屋代(仲村トオル)はなんとか鍵村(草川拓弥)を成長させたいと思い庭野(工藤阿須加)を頼るが…。

一方、万智(北川景子)は定年を間近に控えた企業戦士・山路功夫(佐野史郎)から資金援助する娘夫婦の家を相談される。勤労を美徳とする功夫とは対照的に、娘婿の健太郎(田村健太郎)は会社で責任あるポストにつくことを拒む上昇志向のない若者。さらに娘の花(北原里英)は功夫の進める資産価値のある家がダサいと気に入らず、家探しは難航の予感。

勉強のために万智の接客に同席していた鍵村はその夜花と健太郎に遭遇し、もっとオシャレな家を探してほしいと頼まれて…。一方、万智に勝ちたい足立(千葉雄大)は労働時間を縛られることで頑張ることを許されない会社での働き方に不満を感じ、留守堂(松田翔太)のようなフリーランスの働き方に憧れる。そんな中、なんと鍵村が万智ではなく自分が花と健太郎に家を売ったと宣言する!

突然豹変した鍵村に驚く一同だが、万智は顔色も変えずにどこかへ出かけ…。そして、水面下で怪しく動き出した留守堂が、家売るオンナ史上最大の事件を引き起こすべく、怪しく万智に近づいて来ていた…!!

引用:https://www.ntv.co.jp/ieuru_gyakushu/story/

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

家売るオンナの逆襲 ネタバレ感想🏘

🏡主題歌

🏡第1話ネタバレ

🏡第2話ネタバレ

 

Sponsored Link
Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました