Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

3年A組5話|無料動画やネタバレ感想!内通者が発覚し黒幕のヒントが公開!

2019年冬ドラマ
スポンサーリンク

こんにちは!

今回は「3年A組」第5話ネタバレ感想と6話あらすじを紹介します。

>今すぐ「3年A組」動画を視聴する<

3年A組 第5話 ネタバレあらすじ

「独占!ナイトショウ」に出演し武智(田辺誠一)はマスコミを通じ、事件と自分の売り込みをしている。

4日目の夜10時半、柊一颯(菅田将暉)は教室で倒れたままだ。

 

その隙に美術準備室の扉を壊し、とらわれた生徒たちを助けようとする動きも加速する。

ベルムズの黒幕「きし」との関係が気になる諏訪唯月(今田美桜)は、甲斐隼人(片寄涼太)を問い詰める。

内通者発覚!

柊の携帯に着信があり、茅野さくら(永野芽郁)が取り上げると、「I」という表示があり電話をとる。

その「I」とは捜査一課の五十嵐徹(大友康平)だった。

柊が倒れていることを知らないため、一方的に、警察の動きを伝える五十嵐。

茅野が「計画?」とつぶやいた途端、携帯は切れた。

その携帯で助けを呼ぼうとするも、爆発警戒を理由に止める生徒もいた。

 

一方、美術準備室では扉を壊し中に入ったが誰もいなかった。

ロッカーを開けようとしたとき、「爆破する!」と脅したものがいた。

それは内通者だった。

逢沢博己(萩原利久)。

柊がもしもの時はと、腕時計型の爆発ボタンを託されたという。

だがあっさり男子生徒たちに取り押さえられる逢沢。

全員無事!しかし・・

人質に連れ去られたメンバーの無事が確認される。

兵頭新(若林時英)は父に状況を報告し、警察の助けを求める。

生徒たちの携帯がそれぞれの手に戻り、すぐSNSに無事を書き込み生徒も。

ネットに情報が流れ、柊が倒れたことを五十嵐も郡司真人(椎名桔平)も知る。

人質だった生徒達は、もうすぐ教室を出れる事に浮かない顔をしていた。

そして、学校から出ないと言い出した。

柊一颯の本当の目的とは?

警察上部からの指示でSIT(特殊犯捜査係)の突入準備が始められる。

なぜ「学校から出ない」と言い出したのか?

とらわれていた生徒たちは柊から、本当の目的を聞いていて協力しようと思ったからだ。

「真実を白日のもとにさらすこと、景山澪奈(上白石萌歌)が亡くなった真実を。」

「景山の事件は、誰が亡くなってもおかしくなかった。まだ事件は終わっていない。」

「警察では加害者を特定できない。だから世間を使ってあぶりだす必要がある。」

「俺には時間がない。だから最後の授業をしようと決めた。」

「何が大切で、何を守らなければならないか学んでもらおうと思った。」

その目的を聞き、柊の今までの言葉を思い出す生徒たち。

諏訪唯月・きしまさおみの関係

しかしたてこもるだけでは、半グレ集団に立ち向かうことはできない。

鍵を握るのは諏訪だという。

きしと唯月の出会いは

唯月が芸能事務所の支度金で200万円必要だということを知ったきしは、

「俺の彼女になれ」と言った。

そして、モデルになる為に協力してくれていた。

きしは、景山の亡くなった真相を知っているような態度を、唯月に見せていた。

唯月の苦しみ

唯月はみんなの前でフェイク動画については、知らなかったと話す。

 

そして、残ることを決意する生徒と戻ることを望む生徒。

再び逃げ出す唯月

教室には、倒れたままの柊と見守るさくらがいた。

行き場のない唯月

そんな唯月にさくらは、柊に救われたと話す。

 

逆に唯月は、やりたいことに真っすぐで、ぶれずに生きている景山が、嫌いだった。と告白する。

モデルの仕事も本当に何がしたかったのかわからないという…。

お前のこれまでは、絶対に間違っていない」

そしてSITの突入が始まる。

爆弾を利用して阻止しよう!という生徒と戻ろうとする生徒で

話は、簡単にまとまらない。

 

そこに、さくらに伴われて、柊が美術室にやってきた。

柊は唯月に情報を明かすよう促すも唯月は、知らないと言い張る。

「そんなにきしが怖いか。それともきしのおかげで手に入れた名声を失うのが怖いか。」

今の恵まれた地位を失いたくないと必死に主張する唯月

「こうやって生きるしかなかったから!!!」

「お前は間違っていない。皆お前と一緒だよ。迷ってもがいて途方に暮れて。」

「それでも正解を求めて前を向く。進んでダメなら傷つきながら引き返す。」

「皆みっともないんだよ。でもそれでいい。それがいい。恥を繰り返して強くなるんだよ。」

「恥もかかずに、強くなれると思うな。」

「お前のこれまでは、誰が何と言おうと絶対に間違っていない。」

hunter 魁皇高校教師

柊の話を聞いて

きしからもらったペンダントを投げ捨てる唯月

その中にはメモリーカードが入っていた。

中身はフェイク動画の顧客リストであった。

さくらはパソコンを見てビックリする。

「ここで退く訳にはいかないんだ。景山の死を無駄にしないためにも、もう二度と景山のような犠牲者を出さないためにも、俺に協力してくれないか。」

「すべての責任は俺が持つ。これから証明してやる。」

と話し柊はSIT の元へ

SITは既に部屋の目前までやってきていた。

そして武器を置いて撤退するように爆弾も使用して威嚇する。

武器を置いて退くよう、五十嵐が指示しSITは撤退。

 

柊は、SNS「MIND VOICE」に情報を流すと宣言し

「景山澪奈を陥れた犯人は魁皇高校の教師です」

添付資料はフェイク動画の顧客リスト。hunter 魁皇高校教師

を掲載した。

3年A組 第5話 感想

今日は事件4日目の夜10時半から約1時間の急展開の出来事でした。

それだけ柊一颯の病状が切迫しているということなのでしょう。

一歩ずつとはいえ、景山澪奈の事件の真相に迫っている実感があります。

きしまさおみが、なぜ諏訪唯月に顧客リストを預けていたのか疑問は残りますが、そこにhunter魁皇高校教師とあったのは驚きでした。

それは本当に魁皇高校の教師なのでしょうか。

それともそれを語った者なのでしょうか。

予告では5人の教師が取り上げられてはいましたが、関係者はこの中にいるのでしょう。

ただ本当の黒幕に知らないうちに利用されていただけということはないでしょうか?

この中の誰かを特定することが目的であれば、ここまで大掛かりな事件を起こす理由に乏しいからです。

世間を使ってあぶりだしたいのは本当の黒幕です。

そして今日の柊の授業も迫力がありました。

自分でもどう生きたらわからなくなっている諏訪が、自分の心中を洗いざらい吐露したからこそ、柊の教えが届いていると思います。

また人前で意見を言えるような人間ではなかった、さくらが、この数日でここまで成長していて、人間は心の持ちようでこうまで変われるのかと、今更ながら感心します。

最初の頃は一部の生徒しか発言がありませんでしたが、今日はこの1時間でかなり多くの生徒が発言していたと思います。

それにしても柊の病状は心配です…。

もう力尽きる寸前のようで、見ていられませんでした。

視聴していた人の感想

Twitter / ?
Twitter / ?

Twitter / ?

3年A組 第5話の見逃し動画を安心に無料視聴する方法!

ドラマ「3年A組ー今から皆さんは、人質ですー」第5話は

放送終了後から1週間以内は「TVer」で無料配信されています。

1週間以上経過している場合は「Hulu」で視聴可能です。

>>TVerはコチラ<<

>>Huluはコチラ<<(2週間の無料体験あり)

より詳しい情報は以下の記事で紹介しているので是非ご覧ください。

>>「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」をお得に無料視聴する方法<<

Sponsored Link

3年A組-今から皆さんは、人質です-

第1話のネタバレ感想

第2話のネタバレ感想

第3話のネタバレ感想

第4話のネタバレ感想

3Aダンスの元ネタは?

犯人や黒幕は誰?視聴者の予想まとめ

3A 第6話 あらすじ

澪奈(上白石萌歌)を死に追いやった動画の作成を半グレ集団・ベルムズに依頼した悪の根源は、なんと魁皇高校の教師であるという疑惑が沸き立つ。様々な憶測が飛び交う中、一颯(菅田将暉)は自身を撮影した動画をSNSに投稿し、さらに3年A組全生徒の生存が確認出来る写真をアップロードする。生徒殺害の疑惑は消え去り、ますます一颯の狙いが分からなくなる世の人々。と、世間では一颯が実は澪奈の死の真相を暴こうとしているヒーローではないかという意見が生まれ始める……。

一方、死の恐怖から解放されたと思っていた生徒たち。だが一颯は教師陣に向かってフェイク動画の作成を依頼した人物に名乗り出るよう要求した後、夜8時までに名乗りでなければ教室を爆破すると宣言。驚くA組生徒たち。話が違うと責め立てる生徒に向かって一颯はいつもと変わらぬ表情で、その覚悟が揺らがないことを話し、再び携帯電話などの通信手段を回収し始める。事件初日と同じ光景に戸惑いの空気が流れる教室。と、さくら(永野芽郁)だけがあることに気付き―――。

 

第2章開幕。これまでとは違う様相を見せる3年A組の物語。その向かう先を示す第6話。
必見。

引用:https://www.ntv.co.jp/3A10/story/

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Link
Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました