偽装不倫 2話ネタバレ感想 3話あらすじ|見逃し配信や無料動画はある?

2019年夏ドラマ
スポンサーリンク

こんにちは!

今回はドラマ「偽装不倫」2話ネタバレ感想と3話あらすじを紹介します。

>> 今すぐhuluで偽装不倫を視聴する方はコチラ <<

ドラマ「偽装不倫」2話ネタバレ

博多から戻った濱鐘子(杏)は姉の吉沢葉子(仲間由紀恵)に、お土産がない理由を問い詰められる。

それは寝坊で誤魔化すも、姉の結婚指輪をホテルに置き忘れたことは白状する。

逆に姉は、指輪をはずした理由を問われ、まともに答えられない…。

着払いで指輪を送ってもらうように言う葉子。

鐘子はホテルに問い合わせたが、指輪がなかったことを葉子に言えなかった。

博多で起こった出来事を姉に打ち明ける勇気もない。

また鐘子は、その出会いに運命を感じていることを必死に自分の中で否定していた。

一方、伴野丈(宮沢氷魚)は指輪をもって東京に来ていた。

名古屋出張のはずでは・・?

姉に謝ろうと決めた鐘子だが、きっかけがつかめない。また姉は名古屋に出張だという。

表参道の宝飾店にやってきた鐘子。

そこで解決するわけもなく・・。

丈に連絡を取ってみることも考えるが、連絡先も聞かなかったし

その後を考えるとなかなか踏み切れない鐘子。

店から外を眺めると、名古屋に行ったはずの姉、葉子が歩いていた。

鐘子は思わずビックリして尾行してしまう。

葉子は、都心のホテルに入っていった。

しばらく東京にいる伴野丈

一方、丈は自身の姉である伴野灯里(MEGUMI)が経営するスペイン料理店を訪ねていた。

その2階に住むことに決めている丈。

しばらく東京にいるようだ。仕事であると姉には答える。

丈のほうも、姉に頼まれていた土産は買っていない。

「なんでよ?」と問い詰め、丈のカバンを開けると荷物の中から、結婚指輪を見つける灯里。

姉が不倫?

鐘子はなおも姉を探す。

するといつもと雰囲気の違う葉子が出かけるところを目撃する。

気づかれることを恐れた鐘子は、似合わないサングラスをかけ、懸命の尾行を続ける。

姉はオープンカフェで、若いピンク頭の年下イケメン・風太 (瀬戸利樹) と会っていた。

葉子は鐘子に気付く。

姉からの口止めメール

鐘子の午後は、派遣先決定の面接であった。

派遣仲間で友人の山田まさ子(田中道子)も来ていた。

そこへ姉からのメールが入る。

今見たことは後で説明するから、葉子の夫の吉沢賢治(谷原章介)には言わないで欲しいという内容であった。

口止めである。

自分の派遣先のことより、姉のことで頭の中はいっぱいの鐘子…。

その後、鐘子とまさ子は飲みにいく。

次の派遣先も同じだった。

婚活の話題をふられた鐘子だが、博多での出来事を話す。

鐘子が結婚していると嘘をついた経緯は、なかなか理解されない。

「とりあえず写真見せてよ」と言われたが

丈との写真は撮っていなかった。

離婚する気はない葉子

鐘子が帰宅すると、吉沢賢治も帰っていた。

美味しい和菓子をもらったのでどうかといい、気を利かしてお茶まで淹れる賢治。

いい人を絵に描いたようである。

そんな賢治を葉子は裏切っている・・。

“お姉ちゃん何故だ?”と思う鐘子。

そして葉子は抜かりなく、名古屋で味噌カツを食べていると思わせるメールを送っていた。

そこに葉子から鐘子に電話がかかる。

昼間の説明を求める鐘子だが、姉は指輪が見つかったかと聞いてくる。

「離婚する気は無いから。」とはっきりと告げる。

結婚記念日が近いので、指輪だけは返して欲しいと言い電話をきる葉子。

賢治の為に丈に連絡する決意をした鐘子。

SNSで丈のアカウントを見つけた。

葉子さんといると疲れない

葉子の相手は、八神風太(瀬戸利樹)。

23歳の誕生日祝いをする2人。

風太は無邪気に葉子をほめる。

「きれいでかっこよくて優しい。」

しかもいろいろなことを教えてくれる。

ケンカしなくてよいとも。

そして

「同じ歳や年下の女の子と付き合うのは疲れるちゃう。お金もないし」という風太

「お金がある私といると楽?」と問う葉子に

「葉子さんといると疲れないんだ。会うと元気になるんだ」

「葉子さんは、どうして結婚しないの?」と言う風太。

「そもそも結婚という制度自体に興味がない見たい。どうしてみんな結婚なんてするんだろね」

と言う葉子。

再会する2人

義兄の賢治のため、鐘子は丈と連絡を取ることを決意しメッセージする。

そして日曜日に東京で会うことが決まる。

完璧にデート気分の鐘子。

「指輪は?」

「ちゃんと返すよ。その代わり東京案内して」と

今日一日、東京を案内することとなる。

場所は浅草。

雷門の前に着くと、外国人観光客に同行を頼まれてしまう。

とまどいつつ引き受ける鐘子。

必死の片言英語と、ボディランゲージでしのぐ。

その様子を写真に収める丈。

その後、甘味処で丈がなぜカメラマンになったかが話題になる。

丈は十代の頃モデルであった。

モデルではそれほど稼げず、ちゃんとした仕事をしたくなったという。

写真学校にも通っていた。

いい雰囲気の所で、ある男性から声をかけられる。

それは婚活パーティーで会った男性だった。

「鐘子さん、婚活ってなに」と丈から問われるも誤魔化す鐘子。

仮面夫婦・・?

一方、自宅に帰宅する葉子。

「疲れちゃった」と出張帰りのフリを続ける葉子。

 

鐘子と丈は、丈の姉の店にやって来る。

姉には旅先で二人が出会ったことがすぐに知れてしまう。

パエリアで使っている隠し味を言い当てたことから、鐘子と丈の姉は意気投合

たくさんの料理がふるまわれる。

 

賢治は葉子に名古屋のしゃちほこサンドを買ってきてくれたか確かめる。

抜かりない葉子はしっかり用意していた。

賢治はさりげなく、葉子が結婚指輪をしていないことを聞く。

「ちょっとキツくなっちゃって…太ったかな〜無理してつけようかな」と

苦しい言い訳をする葉子。

「そうだね。明日の結婚記念日のディナーにはつけてほしい」と言う賢治。

嘘の上塗りをする鐘子

数多くの品を次々とたいらげていく鐘子。

そこに葉子から「指輪まだ?」とメッセージが入り

鐘子は指輪を返して欲しいと再び丈に言う。

「指輪は上だよ」と言われ2階の部屋へ上がっていく二人。

丈が撮った写真に見惚れる鐘子。

そして、丈はカンパネルラとジョバンニの話を持ち出し

二人の出会いが、運命的だったことを強調する。

 

「ダメだ。好きだ。私この人を好きだ」

この3年間の味気ない婚活と今の気持ちを比べてしまう鐘子。

婚活シートに正直に書いても、婚活は実らなかった。

それが勢いで嘘をついたら、既婚というタグがついたら、危険でミステリアスで情熱的な女になった…。

だったらもう婚活中の何倍も今のほうが良いと思う鐘子。

トキめかない人にサラダを取り分けるのが嫌で、婚活をやめたのだったと思い出していた。

“私、恋できるんだ”と丈を見て思う。

「今日何時までいられる?夜は夜景が見えるんだ。鐘子さんにも見せたい」と言うも

「指輪を受け取ったらすぐ帰るから」と言う鐘子に

「そうだよね…旅は終わったんだよね」と言う丈。

何を思ったか、丈は鐘子の旦那さんの写真が見たいという。

「こんな素敵な人を奥さんにできた旦那さんっててどんな人なのかなって」

困り果てる鐘子…。

「これ以上、深い入りしないように見せた方がいいよね」と言い

決意してみせた写真は、賢治の姿だった。

素敵な笑顔で写る賢治に「やっぱり凄く素敵な人だね」と言い敗北を悟る丈。

指輪を返してもらい店を後にする。

嘘に嘘を上塗りしてしまったことを鐘子は後悔する….。

 

一方、丈は眩暈がして倒れこむ・・。

偽装不倫2話 感想

鐘子は丈に一目ぼれしていて、今でも想いは加速していますね。

丈のほうも鐘子に一目ぼれしていて、こちらもそれは変わっていません。

ではなぜ、順調に進んでいると言えないのでしょうか?それは鐘子が最初についてしまった嘘にあります。

年上の女性からして、年下の男性に本気で見てもらえるかどうかの不安が常にあるからだと思います。

鐘子も気が付いているように、既婚であるという嘘が無かったら、今の状態までも発展していなかったかもしれないという想いが常にあります。

そこは恋愛の難しさを感じさせますね。

一方、姉の葉子はどうでしょう。

こちらは既婚であることを隠して、不倫をしています。

八神風太が言うように、大人の女性から受ける安心感が大きいのは、うなずけます。

同じ歳や年下の女性と付き合うのが疲れるという言葉には、確かにそうだったと思い起こされました。

会うのが嬉しい反面、何か失態を演じはしないか、本当に相手は喜んでいるのか常に考えており、心から楽しむ心境にはあまりなれませんでした。

ただもう一つの婚活あるあるともいえる、鐘子の感想には今一つ賛成できませんでした。

まだ知り合って間もない人に会う時に、トキメキがなく、むしろ苦痛だったという感想です。

確かにそう思うという部分もありましたが、それは何回か会う内に、悪い意味で気になる部分が出てきて、楽しみではなくなった頃の気持ちだと思いました。

先がないと思う頃は、確かに苦痛でした。

でも反対に会うごとに話が盛り上がり、親しくなれたこともありました。

鐘子は3年間で一度もときめかなかったのでしょうか?それはさすがに不自然な気がします。

人それぞれなので何とも言えませんが….。

恐いのは、葉子の不倫に気付いているはずの賢治の今後です。

結婚記念日のディナーはそれほど重要なのでしょうか?我慢してまで、無味乾燥な結婚生活を続けるのは世間体を重んじるからでしょうか。

それは葉子側にもいえそうですが。どうか賢治が爆発しないで欲しいなと願います。

みんなの感想

Sponsored Link

ドラマ 偽装不倫 2話見逃し配信先や無料動画はある?

放送終了後、1週間は・・TVer で無料視聴可能です✨

 『 TVer 』

1週間が経過した・1話から視聴したい場合は「hulu」で視聴可能です✨

『 hulu 』

2週間の無料お試しもあり

>> huluの無料トライアル入会方法 <<

>> hulu退会方法 <<

ドラマ 偽装不倫 3話あらすじ

姉・葉子(ようこ)(仲間由紀恵)の結婚記念日前になんとか指輪を取り戻したものの、鐘子(しょうこ)(杏)はこれでもう丈(じょう)(宮沢氷魚)に会うことはないのだと寂しさを感じる。

 

一方、人知れず頭痛とめまいに苦しむ丈は何か秘密を抱えている様子……。鐘子を既婚者と思い込む姉の灯里(あかり)(MEGUMI)から不倫はいけないと釘を刺された丈は、鐘子にはもう会わないと話していた。

 

そんな中、不倫相手のボクサー・風太(ふうた)(瀬戸利樹)から練習中に怪我をしたので見舞いに来てほしいとせがまれた葉子は、賢治(けんじ)(谷原章介)との結婚記念日ディナーを抜け出す口実を作るため、鐘子に「急病を装って病院から呼び出してほしい」と協力を頼む。誰もが羨む理想の結婚生活を送りながら嘘を重ねて不倫を続ける葉子に疑問を持つ鐘子は、自分は姉のようには嘘をつき続けられないと実感し、「嘘をつき続けても自分が傷つくだけだから、もう丈とは会わない」と心に決める。

 

その夜。葉子と賢治は結婚記念日ディナーのために高級レストランを訪れる。すれ違い生活に寂しさを覚えていた賢治から、そろそろ子供を持たないかと切り出された葉子が曖昧に答える一方、鐘子は姉の嘘に付き合うために病院を訪れる。そこで思いがけず風太と会ってしまい……。

引用:https://www.ntv.co.jp/gisouhurin/story/

最後までお読みいただきありがとうございます。

Sponsored Link
Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました