オーバードライブ映画の評価や感想!撮影場所のロケ地はどこ?

こんにちは!

今日は映画の予告で、真剣佑が「怖いと思った瞬間負けなんだよ!」(手ピヨーン)と言っていたセリフが気になって実際に映画を観てきたのでピックアップしたいと思います!

※ネタバレ発言があるので、まだ観ていない人は鑑賞後に見て頂ければ幸いです。

Sponsored Link

作品情報

OVER DRIVE(2018年製作の映画)

上映日:2018年06月01日

東出昌大と新田真剣佑が公道自動車レース「ラリー」に生きる兄弟を演じる「汗・涙・苦悩・歓喜・絆」を描くヒューマンエンタテインメント。

真面目で確かな腕を持つメカニックの兄・檜山篤洋と、世界ラリー選手権へのステップアップを目指す天才ドライバーの弟・檜山直純。

監督は「海猿」「暗殺教室」「映画 MOZU」を手がけた羽住英一郎さんです。

脚本はドラマ「好きな人がいること」「愛したって、秘密はある。」などを手がけた桑村さや香さんです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

OVER DRIVE【電子書籍】[ 橘もも ]
価格:648円 (2018/6/12時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

OVER DRIVE (講談社文庫) [ 橘 もも ]
価格:648円(税込、送料無料) (2018/6/12時点)

映画「OVER DRIVE」オリジナル・サウンドトラック [ 佐藤直紀 ]

あらすじ

世界最高峰のラリー競技・WRC(世界ラリー選手権)の登竜門として、若き才能たちがしのぎを削る国内トップカテゴリーのSCRS(SEIKOカップラリーシリーズ)。スピカレーシングファクトリーとライバルチームの熾烈な優勝争いは激しさを増していた。スペシャルステージで競われるのは、コンマ1秒の世界。 「攻めなきゃ、勝てねーから!」 WRCへのステップアップを目指すスピカ所属の天才ドライバー、檜山直純。真面目で確かな腕を持ち、チームに貢献するメカニックの兄・檜山篤洋の助言を無視し、リスクを顧みない、勝気なレースを展開する。ラウンド毎に衝突を繰り返す二人。いつしか、チームにも険悪なムードが漂い始め……。 そんなある日、素行の悪い直純の新しいマネジメント担当として遠藤ひかるがやってくる。 なんの知識もなく、完全に場違いな、ひかる。 彼女を待ち受けていたのは、檜山兄弟の確執に秘められた過去、そして、チーム全員を巻き込む試練だった。

引用:https://filmarks.com

見終わった感想!(ネタバレ発言あり)

とりあえず、真剣佑の胸筋がヤバイ!!!!笑

背中や腕の筋肉もモリモリなんですが、あんな筋肉あったけ?と思うくらい

モリモリしてます(笑)こんな感じです!

真剣佑ファンの方は是非大画面で見て頂きたいと思いました!

真剣佑は予告のイメージよりもイケイケキャラで、色々な事で暴れていました!

マイクのカバーを口で外しちゃう所とか♪あんな事は美形の真剣佑だから許される。

普通の人がしたら「え?」てなる(笑)

そんな挑発的な態度とは真逆に

新海の「1日24時間、夢の中でも走って、ラリーのことだけを考えて生きてきました。それは、2位になるためじゃありません」と冷静に答えていたのもクールでカッコよかったです。

東出さんは、「コンフィデンスマンJP」のキャラも好きだけど

どうしても「あなたのことはそれほど」のイメージが個人的に強くて、んー….だったんですが

今回の篤洋役はかっこ良くて、役と合っているなーと思いました!!!

最初から音が結構、爆音で高いキーの音が耳に残ってきて耳がキツかったんですが、

途中からは気にならなくなり、車の音や解説なども楽しく見れました!

ラリーの事は全く知らなかったんですが見ていたら何となく分かってくるので

誰でも全然楽しめる映画だと思います♡

でも予備知識があったほうがもっと楽しめたのか?とも感じました。

公道をものすごいスピードで走ったり曲がったりぶつかったりする映像は凄く迫力があります!!

欲を言えば

ラストの大会があっさりすぎるのと

ライバル(北村匠海さん)との部分をもう少し濃くしてくれたら良かったなーと思いました!

北村さんは「隣の芝生は青く見える」からのイメージだったので凄い真逆な役だったんですが

ライバルとして存在感があってセリフは少なかったけどよかったです。

「すぐに直してやるから」

「守りたいんだろ、約束」

「ブレーキをいたわれ」から「全開でいけ」というセリフに変わった部分は篤洋のお兄ちゃんな性格が出ていて良かったです。

ひなのクリスマスカードでは

「ヒナが亡くなる前に届いたクリスマスカードには兄貴の事ばかり書いてあって俺には一言だった」みたいに言ってたセリフがあって

カードの映像が映って、左半分はギッシリ書いてあるのに対して右側は本当一行!

「直純、世界一になってね  hina」ヒナ冷た!笑 と面白かったです。

レーサーの方だけでなく0.1秒でも早く走れるように追求するメカニックにも焦点があてられていて、メカニックの人達のチームワークもカッコ良かったし、いろんな人の思いが詰まっている競技レースなんだなと観ていて思いました。

後半の水没した車を復活させてやる!!!というみんなの気持ちが一つになって頑張る姿は

良いですね♪

そして大会に優勝した瞬間にみんなが喜んでいた時には自分も一緒になって喜んでいました!

コ・ドライバー 片岡さんにスポットを当ててみた!

ラリーの競技を知らなかったのでコ・ドライバーも初めは何言ってんの?と思ってました。

<コ・ドライバーとは?>

ナビゲーターは助手席に搭乗し、ヘルメットに内蔵された有線交信機でドライバーとコミュニケーションを取りながら、ドライバーの運転を補助します。

基本的に、ドライバーは「走る事」だけに専念し、ナビがその他の役割を全て行うと言っても過言ではない。また、物理的・精神的両面でドライバーを走る事だけに集中させられるようにするのも役目の一つです。

ドライバーとナビの二人三脚でもある競技なんだと思いました!

信頼関係も重要になってきますね。

直純が大会の緊張やプレッシャーでトイレで嘔吐していた所に

片岡さんが登場。

トイレのドアをノックするのを辞めました。

ひかるが片岡さんに「直純さんの顔色が悪いよね」と聞くと

「選手はプレッシャーに押しつぶされそうになる。僕も7年前はそうだった」的な事を言っていて、

え?!7年前ってあの7年前の事故?片岡さんだったの?

落ち込むヒカルに篤洋がサスペンションが完成するまでの話をした時

「7年前に未完成のサスペンションを投入して事故が起こりドライバーは選手生命を失った

そしてこれが生まれた。何もなくなってもこの手が残っていれば、後は自分次第なんじゃないかな」

と言ったセリフ。

これが片岡さんだったなんて…..。

未完成のエンジンを載せたいと片岡さんに相談する篤洋の場面はウルっとしました。

篤洋「挑戦したいんです。どうしても!!!」

片岡さん「ラリーは挑戦するためにある」みたいな事を言ったところにジーンときました。

篤洋も勇気がいったと思うし片岡さんも色々思うことがあったと思う。

それでも片岡さんはOKを出した、あの後ろ姿!!良かったです。

修理工場のスクリーンで流れていたレースは7年前の事故の時の大会だったのかな?

片岡さんの事が個人的に気になりもう一度観たいと思いました。

Sponsored Link

マウンテンバイクで競争している山のロケ地は?

映画の初めと終わりに登場する兄弟2人で競争している山が凄く綺麗で

良かったですよね!

あの撮影場所は静岡県の稲取細野高原です!

凄く景色が良くて一回は訪れたいです!自転車で下りたい!

イベントなどもやっているので

気になる方は東伊豆の情報サイトへ♪

他にもラリーシリーズを再現するため全国各地で撮影が行われました。

・北九州市旧門司税関

・門司赤煉瓦プレイス

・和布刈公園

・平尾台

・風師山

・宇部興産伊佐鉱山

・伊佐セメント工場

・秋吉台カルストロード

・宇部興産宇部ケミカル工場

・五箇山(富山県南砺市)

・生月島(長崎県平戸市)

・丹生湖(群馬県富岡市)

になります!

最後に

車が好きな人・俳優さんが好きな人どちらも楽しめる映画です!

車の迫力ある映像や音は映画館で体感した方がいいなっと思います。

気になった方・もう一度観たいと思った方は是非映画館で観てほしいと思いました。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする