小川えりの高校や本名は?エンリケの人気の理由とすーさんとの関係も!

スポンサーリンク

2日で1億稼ぐキャバ嬢としてテレビに出演している小川えりさん

今回はそんな小川えりさんこと『エンリケ』になぜ人気なのかスポットを当てたいと思います。

小川えり【エンリケ】とは?

名古屋の錦三丁目・アールズカフェで活躍する東海地方ナンバーワンキャバクラ嬢!

6年連続!東海地区ナンバーワンの人気を誇ります。

6年連続とは本当に凄い事ですよね!!

昨年のバースデーイベントの売上は、2日間で1億円を超えました。

また皇族や各国の大使のほか、各省庁から推薦を受けた人たちが招待される「桜を見る会」(東京:新宿御苑/4月21日開催)に、招待されたと話題になりました。

Instagramのフォロワーは19万人を超え(※5/28時点)

全国から沢山のファンがお店に訪れています。

店には週7日出勤しているといいます。

お休み無しですね!凄い。。。

忙しくても体調が悪くても 毎日当たり前のように出勤する。 そして自分に言い訳をしないこと。 自分の歴史に嘘偽りのない後悔しない人生にする為に… 努力は絶対に裏切らない そう信じてる。

走り続けてた方が楽。 1回でも休憩してしまうと一瞬で何かが切れてしまいそう。 だからこれからも仕事休み無しで走り続けるんだ。そして去年の自分を超えてやる!

引用:小川えりさんのTwitter

とプロ意識が高いですね!

また1位をキープするコツに絶対に休まない事と発言されています。

 

6年間は売れないキャバ嬢時代!その当時は猫かぶって仕事をしていたそうです。周りに合わせておしとやかにしていたけれど全然売れなかったみたいです。

徐々に素を出して接客したら、こっちの方がいいんじゃない?とお客さんからアドバイスをもらい、素直に受け入れて接客していくうちにNo.1になっていたそうです!

そして現在、6年間ずっと1位!

接客するうえで意識している事は?

元気でいたり、常に笑顔でいること。

お客さんに楽しんで貰う立場だから、単純なことかもしれないけど、自分が笑顔でいることが第一条件!

他には体調管理や突っ込みをする事に意識していて

インスタのストーリーもマメにアップする事も意識してるそうです。

ちなみにエンリケという愛称の由来は「なんとなく」で特に意味はないそうです(笑

年齢や本名は?どこの高校に通ってた?

小川えり(おがわ・えり)のプロフィール♡

本名:服部 理恵(はっとり りえ)

愛称:エンリケ

生年月日:1987年11月2日

年齢:30歳 誕生日がきたら31の年

血液型:O型

出身地:岐阜県岐阜市

星座:さそり座

身長:154cm

体重:42kg

スリーサイズ:B83W57H87

趣味:ゴルフ

前職は有名なファーストフード店のドライブスルー係をしていた。

18歳からキャバクラで働き始め現在30歳。

22歳までは栄のエクセレントクラブに在籍

その後今の勤務先のアールズカフェに在籍。

同じ店に長く在籍する理由は

お客様が来るから。お店をコロコロ変えるとお客様も困っちゃうでしょ。

「いつもここに居る」って認識してもらう為だそうです。

キャバ嬢になったきっかけは?

先輩に頼まれたのがきっかけで働くうちに楽しくなり本気で働くようになったそうです。

卒業した高校は?

愛知県名古屋市東区にある旭陵高校を卒業しています。

通信制高校ですね。

Sponsored Link

すーさんとはどんな関係?

エンリケさんの事を調べると、「すーさん」とあったので調べて見ました!

浜松に住んでいる男性で

「すーさん」とエンリケさんがあだ名で呼んでいる方です。

すーさんはエンリケさんのバースデーイベントの為に1年かけて

タワー貯金をしてくれていました!!

『愛と涙のタワー』とエンリケさんも感謝しています。

また

と発言されているので、大事な人ということが分かりました。

最後に

成功している人は成功するだけの努力をしているなっと調べていて思いました。

生い立ちからエンリケ誕生までの道のりやどん底時代から這い上がった

ナンバーワンになる為にしてきた全てを初公開した本が6月15日に発売します!!

・毎日元気でいられる方法

・350日連続出勤 なぜそんなに頑張るのか

・モチベーションの上げ方や落ち込んだ時の対処法

などが書いてあるそうです!

気になった方はこちらから予約可能です♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本一売り上げるキャバ嬢の 指名され続ける力 [ 小川 えり ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/5/28時点)

 

Sponsored Link

コメント