俺スカ ネタバレ5話感想と6話あらすじ|若林が恋をする!俺のスカートどこ行った?

2019年春ドラマ
スポンサーリンク

こんにちは!

今回は「俺のスカート、どこ行った?」第5話 ネタバレ感想と6話あらすじを紹介します。

>> キャスト情報はこちら <<

>>「俺スカ」動画を視聴する方がこちら<<

俺のスカート、どこ行った? 第5話 ネタバレ

ある朝、若林優馬(長尾謙杜)は、校内の玄関でスマホを拾い、教師に届ける。

そこへスマホを落としたと話す一人の女子生徒がやってくる。

無事スマホは本人のもとへ戻る。

その女子生徒は“山上愛理”という名であった。

ホームルームに遅れてきた若林に、落とし物を届けた話を聞いたのぶお(古田新太)は「お金は大事よ」という話を始める。

 

そして愛理のことが気になる若林は、2-1をのぞく。

東条正義(道枝駿佑)もそこに通りかかり別のクラスを覗いている若林を見かける。

東条に声をかけられた若林は、動揺する。

そのクラスには、愛理がいた。また東条は、愛理と顔見知りだった。

愛理は若林に会うと再び礼を言う。

 

屋上で昼食をとる東条と若林だが、愛理のことが気になり、若林は食欲がわかない。

若林は東条に、愛理のことを知っているのかと尋ねる。

「ちょっと知ってるだけだけど」と答える東条。

逆に東条から、愛理のことを好きなのかと聞かれると、若林は「るるるるるる」と動揺する。

彼は、愛理に一目ぼれしていたのだった。

そこに、のぶおと田中みちる(桐山漣)が通りかかり、若林が愛理に恋をした経緯を聞く。

のぶおは、若林の恋を後押ししようとするが、若林は「無理だよ、僕には」と最初からあきらめていた。

のぶおは、そんな若林に自信に持たせるために「私があんたをプロデュースする」と言い出す。

のぶおは恋を成就させるため、川崎結衣(高橋ひかる)らに協力を頼む。

直接、連絡先を交換せよ

川崎たちは面白がって、若林を応援しようと盛り上がる。

そして、“のぶおプロデュース!”がスタート。

のぶおは若林に、愛理から連絡先を聞き出すという課題を与える。

作戦の第一は『相手の連絡先のゲット』である。

友達経由ではなく、直接聞く事となる。

恋は、フィーリング、タイミング、ハプニングだとのぶおは力説。

あなたの事を好きかどうかはわからないが、好きになる可能性がありますくらいの距離感がいいのだという。

好きと悟られないように連絡先を交換するように話す。

 

のぶおの動静が気になる長井あゆみ(松下奈緒)は、相談のため保健室の佐川天音(大西礼芳)を訪ねる。

教師としてどうなのかと思われるのぶおが、生徒や校長の信頼を得ていることに今一つ納得がいかないという…。

 

放課後、愛理を待つ若林とのぶお達。

恥ずかしがる若林だが「連絡先押して」と間違えて言ってしまったが見事、連絡先の交換に成功する。

愛理の狙いは別にあった!?

駒井和真(堀家一希)はコンビニでバイトしていた。

そこへのぶおがやって来る。

バイト禁止なので、そのことは黙っていると見逃す。

働いている理由は、職業体験で色々言われて腹たったから何かやりたくなったという事だった。

 

のぶおが自宅に戻ると、いつものように安岡一道(伊藤あさひ)が来ている。

おまけにウインザーという外国人まで。

原田糸(片山友希)の新しい彼氏だという。

 

連絡をとるようになった若林と愛理は、遊びに行く約束をする。

屋上に集まった面々は、デートでの服について話し合う。

 

一方、駒井は明智秀一(永瀬廉)に、のぶおを辞めさせる賭けからおりると伝える。

 

2-1の女子に呼び出された東条は、若林への連絡は自分たちが愛理のスマホから送っていることを告げる。

さらに愛理が気になるのは、明智だとも話す。

若林とは合わない感じがあるが、これをきっかけに明智とつながれればという狙いがあったのだ…。

そして東条に明智の連絡先を聞いてくる愛理。

東条は釈然としない。人を見下すタイプの女子は明智には嫌われるとだけ告げておく。

 

愛理は早速、明智に連絡する。

放課後 のぶお達は、若林のデート服を探しに行く。

若林のコーデにいくつも候補が挙がるが、最後に東条が選んだシンプルな服に決定する。

 

愛理に呼び出された明智。

「勝手に送るとかよくやるの?」と聞く明智に

愛理は言い訳がましく色々と話す。

スマホを拾ってくれた若林の名前も出し、デートは本当に行きたくないと愚痴る。

嘘の言い訳を並べる愛理は、明智の嫌いなタイプそのものだった。

明智が帰ろうとすると引き止める愛理。しかし「触んな」と言い立ち去る明智。

 

一方、愛理と若林の事情を知る東条は、のぶおに相談する。

しかし服を買ったことを理由に、デートは決行するとのぶおは怒りながら言う。

勇気を出した若林

若林と愛理のデートは決行される。

のぶお率いるデートのサポート隊の人数はすでに20人を超えている。

まるで課外授業のようであった。

場所は、海のみやこ水族館。

のぶおに気持ちを確かめられた若林は、好きだと思うと告白する。

のぶおは、そんな若林に「お前は嫌われている」といきなり宣言する。

さらに愛理達に遊ばれていたすべての事情も伝える。

落胆する若林….。

「やっぱ変だよね。こんな上手くいくはずがない」と話す若林。

「ブッチしていいんじゃない?」とフォローする東条だったが若林は行く事を決意する。

愛理に会った若林は、今回のデート成立の事情を知ったことを伝える。

愛理はうまく答えられない。

若林のほうから謝り、帰ろうとするも愛理が呼び止める。

「わざとじゃないの。ノリみたいなもんで…だから明智君にも言っといてほしい」と

ここでもよくわからない言い訳を並べる愛理。

若林が去ろうとすると、のぶおが立ちふさがり、サポートメンバーも全員姿を現す。

「今本人が言った事でお前が言った事を伝えろ」

何も言わないで去るのではなく、自分の今の気持ちを伝えろと。

若林は勇気を出して、好きになったことやデートが出来そうで嬉しかったことを愛理に話す。

さらに今回の事情を知り、辛くて最悪だと思った事けど、さっきまで好きだったことを伝える。

返事はいりません、連絡先は消すと話す。

そして

のぶおは愛理に「あんたの軽率な言動が一人の人間を傷つけた。相手の気持ちがわからなくても、想像することくらいはしないと心がどんどんブスになるよ」と話す。

泣く若林に、励ましの声をかけるクラス生徒達。

「恋なんて1万回ダメでも1万1回目でなんかが変わるってドリカム言ってた。ちょっとしつこいけどね」っとのぶおが話す。

のぶおになぐさめられた若林は、差し出されたハンカチを取らず、のぶおのウイッグを取り笑いに包まれた。

 

そして、のぶおが飲んでいた薬は、脂肪を燃焼させるものだった。

一方、明智は父から「無視するな」と言うメールが入る。

俺のスカート、どこ行った?5話 感想

現代高校生の恋愛事情の一端がみえた話でした。

携帯電話がこれだけ発達した時代でも、気になる相手の連絡先を得るのは大変で勇気がいることは、昔から変わらないですね。最初であるが最大の難関であるとも思われます。

一般的に考えるならばここまで行けば半分以上成功だと言えるでしょう。

関心のない相手にわざわざ連絡先を教えたりはしないものです。しかし今回の愛理の行動からは、簡単に連絡先を教えられた場合のほうが、警戒しなくてはならないようです。

先を見越して行動しないといけませんね。考えさせられました。

今回は若林の話でしたが、サポート隊の面々は、自分の場合に常に置き換えて、見守っていたことでしょう。

ときどき教師陣の恋愛事情も入っていましたね。

フィーリング、タイミング、ハプニングというのがぴったりの事例もありました。

計算ばかりしないで、自然にしかもある程度積極的に生きていくしかないと再確認しました。

もちろん結婚すれば何でもよいというわけではありませんが。

話としては短かったのですが、長井あゆみ(松下奈緒)が養護教諭に話した内容は、見過ごせませんでした。

生徒に信頼され、親しみを持って迎えられたい気持ちがあります。

ところが学校での規則は絶対的であり、それがなくなると歯止めがきかなくなります。

今回のぶおには、それができてしまう事でも長井にはできない事が、少なくとも三つありました。

一つ目は、一部の生徒と共に授業中、屋上で作戦会議を開いていたこと。

二つ目は、生徒に自費で服を買ってあげたということ。

三つ目は、生徒のアルバイト禁止を見逃したということ。

嫌な言い方をすれば、こうした事により生徒の人気は得られますが、学校の教師という立場ではかなりの問題行動ですよね。

長井は生徒指導を受け持つ立場からも、またそうでなくてもこうした行動は、取れるはずがありません。

もちろんのぶおの人間的な温かみは深く、それはそれで良いのですが、そうした行動が取れない長井の立場は、気の毒だなあと思いました。

A子の感想

若林くんが1話目の頃に比べるとどんどん明るくなっていきクラスのみんなとも仲良くできるようになっていて微笑ましいです。

東条くんも、人想いで素敵だしクラスの半数くらいは、のぶおに協力的になっていますね。

のぶおも気張らないでナチュラルに生徒の心に寄り添ってて良いなって思います。

次回は、とうとう明智の闇が分かるのかな?楽しみです。

みんなの感想

Sponsored Link

俺のスカートどこ行った?を無料視聴するには?

「俺のスカートどこ行った?」が配信されているサイトは下記の通りです↓

配信サービス(VOD)配信状況
FOD✖️
U-NEXT✖️
Hulu
日テレ無料TADA!◯(1週間のみ)

テレビで放送されて、1週間以内ですと、日テレ無料TADA!で視聴できます。

1週間を超えるてる場合は「Hulu」で視聴可能です。

>> Huluの詳しい入会方法 <<

>> Huluの詳しい退会方法 <<

俺のスカートどこ行った? 第6話 あらすじ

豪林館学園高校では、2年生に向けての進路説明会が開かれることに。説明会は生徒と一緒に保護者にも集まってもらい、その後、希望する保護者が授業参観する予定になっていた。

原田(古田新太)田中(桐山漣)からその話を聞いた2年3組の東条(道枝駿佑)若林(長尾謙杜)ら生徒は「高校生にもなって親に授業を見られるなんて…と文句を言いながら、それぞれの家族の話をする。

そんな中、里見(白石麻衣)は、父・靖夫(小木茂光)の勧めで見合いをして結婚が決まっていた。結婚相手は、医師の財前(戸塚純貴)。靖夫は自分の病院を継いでもらうため、里見にはどうしても医師と結婚してもらいたいと考えていた。靖夫との約束で、里見は結婚したら学校を辞めなければならない。しかし里見は、結婚もしたくないし、教師を続けたいと思っていた。そんな彼女の思いとは裏腹に、靖夫は挙式の準備を進めていた。
里見は保健室を訪れ、佐川(大西礼芳)に結婚のことを打ち明ける。もう結婚するしかないと諦めている里見の話を、ベッドで昼寝をしていた原田が聞いていた。

里見は、校長(いとうせいこう)長井(松下奈緒)に結婚と退職を報告する。結婚と退職を受け入れようとしている里見に対して、本当にそれでいいのかと諭す原田。そんな原田の言葉を聞いた里見は、結婚の段取りを進める靖夫に抵抗するが、挙式の日を迎えてしまう…。
一方、明智(永瀬廉)の元にも、父親・純一(板尾創路)が突然やってきて…。

引用:https://www.ntv.co.jp/oresuka/story/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

Sponsored Link

 

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました