バチェラーシーズン2の10話最終回の結末とネタバレ感想!選ばれた人は?

こんにちは!

遂にバチェラー・ジャパンシーズン2の最終回が配信されましたね!

今からドキドキします!

前回のバチェラー2:9話ネタバレはこちら

バチェラージャパンを視聴したい方はAmazonプライムビデオを登録すると視聴できます!詳しくは>Amazonプライムビデオ登録方法へ<♡

Sponsored Link

残っているメンバーは?

倉田茉美さん小口那奈子さんになります!

シンガポール🇸🇬デート❤

ホテルの部屋に入るとバチェラーからの手紙が!✨


茉美へ

旅もいよいよ最後だね。

ここまで続けてくれてありがとう。

茉美の優しい笑顔にいつも助けられています。

まさかシンガポールとは思っていなかったよね。

俺もはじめてなので、二人だけの未知なる物語を

ここからも紡いでいこうね。

林太郎より


那奈子へ

冒険もいよいよフィナーレだね。

那奈子と共に歩む冒険は、今までもそしてこれかも

きっと未知数だからこそワクワクしている自分がいるのだと思います。

これからシンガポールという地で二人の記憶に残る最高のデートに

しようね。

いつも以上に輝く那奈子に会えるのを楽しみにしています。

林太郎より


那奈子さんと最後のデート❤

今回の那奈子さんなんか綺麗!だなと思いました。

ルーフトップバーでカフェ

その後、観覧車の中で夜景を見ながら軽食。

なんで2人が残っているのか聞かれると2人の共通項は一緒にいて一番楽!だからと。

「那奈子の好きな所は…」と林太郎さんが言い出すと

被せて、「5つ!!」と言った那奈子さん。さすがです✨笑

<林太郎さんが那奈子さんの好きな所>

1:一緒にいて楽しい

2:可愛いと思っている・綺麗だとも思ってる

3:努力家

4:負けん気が強い所

5:意外と分からない所

<那奈子さんが林太郎さんの好きな所>

・ちゃんと感情表現する所

・一番最初からクリックする場所、わかるなーとか、空気感がにてる

・居心地がいい

・みんなの事をすくい上げようとしている所

・仕事頑張っていて忙しい人がいいから、そこがいい

と、お互いの好きな所や何で那奈子さんが今残っているのかを話しました。

そして最後に林太郎さんが泊まっている部屋で

結婚観やドキドキした瞬間をまったりしながら話していました。

Sponsored Link

茉美ちゃんとラストデート❤

今日は赤の服の茉美ちゃん♡那奈ちゃんと服の色が反対ですね✨

高台でカフェしながらデートスタート!

移動中のリムジンの中で今までのメンバーの話をする2人

茉美ちゃんがみんなにあだ名つけていた事を話すと

一番面白いのを教えてよ!と。

「誰って言ってくれたら」の返答に

「野田あずさ」 初めにあずあず….笑

あずあずのキャラ見抜いてたのかな?

「オイル塗りたくり女」

次に

「あんきら」→「ゆとり教育の極み」

「若ならいっぱいあんで」といい「ローズの茎」と言って2人で笑ってました。

観光スポットデートをして

夜は夜景を見ながら船デート♡

東京で行ったナイトクルージングと違った形で再現する林太郎さん。

ロマンチックですねー!❤

最後に林太郎さんの泊まっているホテルで話します。

振り返ってみて楽しかった事は?や結婚観を話す。

「真実の愛」とは?という茉美ちゃんの質問に

「最悪、そいつの為に死ねるか?かな」と林太郎さん。

そしてベランダへ移動

そこで茉美ちゃんから絵本のプレゼントが!!!

内容は「私の大切な人たち❤」について描いた絵本。

お母さんと過ごした頃、お父さんやお姉ちゃんと過ごした頃、そして林太郎さんと出会った内容が書いてありました。

林太郎の心の真ん中には何がありますか?

林太郎の探している“何か”がかけがえのないものとなり

大切な林太郎の一部になることを茉美は心から願ってます🌸

そして….この物語がずっとつづくようにと。

のページで2人とも涙していました。

心の扉の鍵を開けてくれた気がすると林太郎さんが感動していましたね。

ラスト!ローズセレモニー🌹

2人を大きく対比すると「恋と愛」!

結婚は愛を優先するだろうけど僕の性格上、恋をしている相手は避けては通れないと…

今まで通りのベースとして決めるのか、それとも愛に近しいものを選ぶのか?

茉美ちゃん登場!

(林太郎さん)

最初は気が強い人だと思っていたけど、ここにくるにあたって恐らく誰よりも一番優しくて笑顔が素敵で本当に僕という人間に愛が何かを思い出させてくれて本当にありがとう。

そして一緒に、ここまで旅を続けてくれて本当にありがとう。

(茉美ちゃん)

まずここまで私を連れてきてくれて本当にありがとう!林太郎とはすごい色んな言葉が

ちょっとしたニュアンスとかで伝わってすごい私も助けられたし

この苦しい旅の中で林太郎に癒された。

このバチェラーが終わってからが本当の林太郎の人生やと思うから

この先、林太郎を取り巻く環境とかがいっぱい変わる事があるだろうけど

林太郎は変わらずに、このままでいて欲しいし

私と林太郎もこのバチェラーで出会ったことを何回でも思い出して

変わらない2人で入れたらいいなと思います。

那奈子さん登場!

(林太郎さん)

会った時から1番気楽な存在でいつでも何でも話せそうな、、、実際そうなんだけど。

海のようでの見えるようで全ては見えないけど、見えない部分をどうしても見たくなってしまう人でした。

僕にとって那奈子に対しては全力だった気がするし恋心というものを本当に思い出させてくれてありがとう。

そして一緒にここまで旅を続けてくれて本当に心から感謝しています。ありがとう。

(那奈子ちゃん)

一番最初に初めて向かい合った時になんか特別な何かを感じていて

その感覚がデートを重ねる毎に徐々に通じ合っていったし

私が気持ちが離れそうだった時に、かけてくれた言葉だったり姿が

私の心を引き戻してくれたし、そこから真剣にココにいるっという事を

ちゃんと考えるよになったし真剣に向き合えたと思ってる。

今まで過ごした素敵な時間が本当にこれからも続いたらイイなっと思います。

ありがとう。

    運命の相手は?   

 「倉田茉美さん!!!」

茉美ちゃん!!!!!!!!!!

名前を聞いた瞬間、鳥肌が。

本当によかった!!本当におめでとう❤(TT)

やばいですね。すごく嬉しいです。

茉美ちゃんが那奈子ちゃんを引き止めた場面で泣けてきました。

2人は仲が良かったので色々思う事もあると思います。

林太郎さんが那奈子さんにお別れの言葉をいってお別れ。

「凄い複雑な気持ちだけど本当に茉美は素敵な女性だし幸せになって下さい。」と言う那奈子ちゃん

辛いのに頑張って言ったセリフは素敵ですね。

そして茉美ちゃんと林太郎さんの2ショット!

「この36年間生きてきて一回も結婚せずこの場に立つ事が僕と茉美にとっての運命だと思います。本当に愛というものを教えてくれて感謝しているし俺は茉美の事がもちろん好きだけど、この言葉を女性に使うのは何年ぶりだ!て話だけど“愛しているよ❤”」

「俺と結婚して下さい!」とプロポーズ💍

茉美ちゃんの薬指に💍をはめました!(イイね!×1000)

キスしてトランプが登場!!!!!!

それは…

ダイヤのAに「Choose you♡」と書いてありました。

林太郎さん、粋な事する〜!!❤

あーもう!最後は那奈子ちゃんかな?とも思っていた部分もあったので

茉美ちゃんと結ばれて本当に、本当に良かったです❤❤❤

幸せになって下さい!応援してます✨

興奮して泣きながら書いてます(笑)

愛が勝ちましたね!!!!!!

これでもう終わりか〜さみしいな〜!と思っていたら

これで最終回ではないみたいです!(やったー)

また那奈子さんのタトゥーは左上の鳥だけでなく鳥かごもあり、

前にも鳥がいましたね〜!

次回は

「最終回トークスペシャル」〜二人が結ばれたワケ〜

那奈子さんがバチェラーと再会!

別れを告げた理由は何?と聞く那奈さん。

バチェラーが決断の真相を告白!

そして茉美ちゃんも登場!❤

両家の家族も登場!!

絵本の最後のページを林太郎さんが書き足して茉美ちゃんにプレゼントしています!

ロマンチック〜✨

桃ちゃんやまりりんが泣いていて予告なのにもらい泣きしてしまいました。

次回も楽しみです♡

あっ!同時配信だったんですね!(笑)

また視聴したらネタバレ書きます!

<追記>

「最終回トークスペシャル」〜二人が結ばれたワケ〜

ネタバレUPしました!

もうホントホントおめでとうございます!!!❤

こっちまで幸せ気分です✨

茉美ちゃん推しをしてきて本当に良かったです。

この偏ったネタバレ記事に訪れてくれた皆さまもありがとうございました!✨

<追記>

その後の2人はどうなった?

メンバーのその後は?

をUPしました!

バチェラーシーズン3に参加するには?

バチェラーガール:一覧

バチェラー:林太郎さん

司会者:坂東さん

ネタバレ:6話7話8話9話

最後に残るのは?:予想

↑最後の予想の記事を後ほど追記します。

バチェラージャパンを視聴したい方はAmazonプライムビデオを登録すると視聴できます!

詳しくは>Amazonプライムビデオ登録方法へ<♡

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする