グッドワイフ9話ネタバレ感想|黒幕が発覚し本採用が誰になるかも決まった!

2019年冬ドラマ
スポンサーリンク

こんにちは!

今回は「グッドワイフ」第9話のネタバレ感想を紹介します。

ドラマ|グッドワイフ 第9話 ネタバレ

裏切り者(黒幕)は?

「俺たちも確かめに行こう!本当の裏切り者は誰か」と話す壮一郎(唐沢寿明)と杏子(常盤貴子)の元に姿を現したのは佐々木(滝藤賢一)だった。

そう、壮一郎の一連の事件を計画した  “裏切り者” は、佐々木だった。

「さすが蓮見さん。少し歩きませんか?」と誘い2人だけで話す。

 

「どうして私を疑ったんですが?」と問う佐々木に

南原(三遊亭円楽)が遠山亜紀(相武紗季)を買収した金額を知っていた事で裏切り者だと気付いたと話す壮一郎。

「だが何故だ?」

「大義の為には手段を選ばずやり通!そう教えてくれたのは蓮見さんですよ」

「検察はどんどん弱くなっている。南原は必要だった。検察の未来の為に正しい決断をしただけ」

「正義の為に芯に強い警察魂を持つのが検事だ」と怒る壮一郎に

「蓮見さんならそう言うと思ってた。だから黙ってやった。」と言う佐々木。

「お前となら正義を戦えると思ってて…佐々木、そう思ってたのは俺だけだったのか?」と問う壮一郎。

「あなたの事は尊敬していました。好きでしたよ。ただ内が違っただけです。蓮見さん見せてください。あなたが作る強い警察を」といいビルから飛び降りる佐々木…。

そしてインサイダー取り引きの容疑で南原が捕まった。

壮一郎の疑惑が晴れたが・・

神山多田法律事務所にお礼をいいに来る壮一郎。

杏子は「お父さんは何も悪くなったって説明しておく」と話すも

「話したい事がある」と表情が曇る壮一郎。

 

そんな中、脇阪(吉田鋼太郎)が杏子を訪ねきた。

「円香(水原希子)が3年目にウチを辞めたのは、蓮見さんと不適切な関係があったから」と言われ2人が密会している写真を見せられた。

この不適切な関係が知られ、壮一郎は杏子に家を追い出される。

子供達は壮一郎が戻ってくると、喜んでいたが杏子の表情は暗い。

職場では、あからさまに円香を避ける杏子。

本採用を懸ける争いも、ついに決着

また、杏子と朝飛(北村匠海)の本採用を懸ける争いも、ついに本日決着がつく。

先に朝飛が呼ばれる。

帰ってくると「おめでとうございます。蓮見先生の勝ちですよ」と言い事務所を出て行く朝飛。

「よかったですね。また蓮見先生と一緒で」といい残した。

そして、次に杏子が選ばれた。

「夫が採用の理由ですか?離婚しようと思ってる」と話すと

「結果はあなたの実力、期待に応えてね」と言う神山(賀来千香子)だったが

多田(小泉幸太郎)に「当てが外れた」と「検事正というオプションがある方を選んだのに」と言う神山。

円香と壮一郎の関係

一方、杏子に「2度と話しかけません。最後に聞いていただけませんか」と話しかける円香。

「好きになったのは私の方です。」

「依存しているのは自分の方だってご主人が自縛を解いてくれた」

「最後は私が押し切る形で一度だけそうなりました」

「元夫に知られて強請られたので、貯金を渡して検察から消えました。」

「あなたの事もめでたい奥さんだと思ってました。一緒に働いてあなたを知って後悔しました」と話す円香。

それを聞いた杏子は

「ここに来て何が嬉しかったって….貴方っていう、友達が出来たって事だと思ってました」

「でも貴方にとって罪悪感だったんですね」と話す。

 

「それは違います。貴方とあって人生はもっと楽しいものなのかもしれないっと思いました」と話す円香に

「後悔してるのは分かります。でも過去は変えられない。そう言ったのはあなたです」

「仕事上では今まで通りにしてください」と話す杏子。

円香が立ち去った姿を見て涙する杏子。円香も涙していた…。

そして円香は事務所を辞める事にした。

Sponsored Link

杏子と多田の関係

「元気?」と杏子を心配する多田。

「これは純粋な心配だから。流石にはっきりフラれたから」と話す多田に

「ハッキリフラれたなに?」

「そんな電話知らない、聞いてない」と話す杏子。

「じゃあ誰かが消した?」と思う多田だった。

 

杏子は壮一郎を呼び出し、離婚届を渡す。

謝る壮一郎。

「彼女の事は墓場まで持ってくつもりだった。でも大事なのは君と子供達なんだ」というも

「勝手な事言わないで、多田くんの留守電を消したのも貴方?」と問う杏子。

多田の事を言う壮一郎に

「私を助けてくれたのは多田くんなの。子供たちと多田くんが居なかったらダメになっている」という杏子。

「多田は君が思ってる人間じゃない」といい話し合いが終わる。

そして、壮一郎は脇阪を呼び出す。

事件を洗いざらいしたら、裁判官とある弁護士が癒着してる可能性が高い事が見つかったと話す壮一郎。

協力してくれるなら、ここに残れるようにするに手配すると脇坂に取引を持ちかける。

そう、その弁護士とは多田の事だった。

徹底的に調べろと命令する壮一郎。

 

一方、多田の想いを改めて聞いた杏子は多田と二人きりになり、急接近する。

「気持ちはわかるよ..南原の不正の証拠を握りつぶそうとも思った。思い直したけどね」

「再会して思い知った。俺は君を忘れられない」と言いキスしようとする多田だったが

杏子は思わず逃げ出した。

 

ある日、神山多田法律事務所に検察が入ってきて贈賄容疑で多田が捕まる。

そして多田と壮一郎が直接対決する?!

グッドワイフ 9話 感想

遂に壮一郎側の黒幕が判明しましたね。佐々木でした。目指している未来は一緒だっただけに亡くなってしまったのは残念です…。

そして円香と壮一郎がそんな関係だったなんて衝撃でした。

何よりも、杏子の状況が辛すぎる..やっと旦那さんの冤罪が晴れたのに自分が友達だと思ってた人と過去にそんな事があったなんて…。許せないですよね。一緒にいても頭によぎっちゃうし。

杏子が屋上で泣いているシーン…。一緒に泣いてしまいました。

壮一郎が多田に嫉妬して不正をあぶり出していましたが果たして最終回どうなるんでしょう?

杏子が弁護するみたいですが、勝つことができるのか凄く気になります。

みんなの感想

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Link
Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました