Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ルパンの娘 8話ネタバレ・キャスト・再放送と9話あらすじ|フル動画を無料視聴!

スポンサーリンク

こんにちは!

今回はドラマ「ルパンの娘」第8話ネタバレ感想と9話あらすじを紹介します。

今すぐ8話を視聴したい方は、FOD見逃し無料で無料視聴できます。

>> 今すぐ「ルパンの娘」を視聴する方はこちら <<

※放送終了後1週間のみ!それ以降は「FODプレミアムのみ」

>>詳しい見逃し配信無料視聴方法はこちら <<

>> ルパンの娘/キャスト一覧 <<

ドラマ ルパンの娘 第8話ネタバレ

警察に包囲されたLの一族は散り散りになって、逃走する。

三雲華(深田恭子)は、父の三雲尊(渡部篤郎)に会い、着替えを渡される。

そして桜庭家が警察一家であったことを隠していた華を責める。

「どうして黙っていたんだ。桜庭家が警察一家だったってことを。おまえがやったことは、Lの一族をつぶすことに!!!」

1週間後、ある場所に集合することを告げられる。

 

三雲家のダミーの家には、警察の捜索が入る。

秘密の通路を桜庭美佐子(マルシア)が見つけそうになるが、細工が戻されており、それだけは阻止された。

 

三雲華がLの一族であることを知っていたのかを問われた和馬は、答えられない…。

美佐子は捜査情報を盗むため、桜庭和馬(瀬戸康史)に近づいたと言い放つ。

 

和馬は父親の桜庭典和(信太昌之)からも、もし知っていて交際していたなら、犯人隠匿罪に問われると念を押される。

さらに知らなかったことを証明してみせろと迫られる。

「1課異動になる前に、その手で三雲華を逮捕するんだ。」と。

三雲家解散・・

1週間後、Lの一族はある場所に集合する。

兄もいる。

三雲尊からそれぞれ荷物を渡され、別々に暮らすことを告げられる。

「俺たちはLの一族だ。どんなに離れていようが、同じ泥棒という星のもとでつながっている。」

現金は1万円のみ。

戸籍も別々になり、華は鈴木花となる。

三雲悦子(小沢真珠)は小林絵津子。

名前は地味だが36歳ということで喜んでいる。

兄の三雲渉(栗原類)はケビン田中となる。

何十年先になるかわからないが、必ず迎えに行くと尊は皆に約束する。

華、倒れる

捜査本部の分析では、Lの一族は都内に潜伏している可能性が高いとされている。

マンガ喫茶で華は、なけなしの現金まで取られてしまう。

一方、和馬は巻栄一(加藤諒)に、刑事としてやるべきことをやるよう強く言われる。

渉は児童公園で、子供たちに絡まれ、パソコンをいじる変人扱いをされてしまう。

行く当てもなく、お金もなく、華はついに行き倒れてしまう・・。

てんとう虫の神様

渉は再び10人ほどの子供たちに絡まれる。

石やボールを投げられる始末・・。

その中にいた一人の子が突然、気を失って倒れる。

渉は「てんとう虫3号絆」を使い、子どもに水をかけ、意識を取り戻させる。

それを見た子供達は

「あいつ、すげー、神様だ。てんとう虫の神様だ。」という。

 

華はスナック夜蛾のママに拾われる。

事情を聞かれても答えることはできない…。

どうも訳ありの連中が集まる店のようだ。

華は店においてもらえることとなる。

渉はてんとう虫の神様として子どもたちからお菓子などをもらえていた。

それでも寂しい渉。

てんとう虫3号を手に、昔を思い出す。

子ども時代の盗みの修業やてんとう虫を捕まえた日々である。

子供ながらに泥棒に向いていないことは自覚しており、両親が困惑する姿も見ていた。

てんとう虫初号機を作った頃も懐かしい。

どうしようもなく会いたいんです

警察上層部からLの一族との関係をしつこく質問される和馬。

その中で和馬はLの一族に捜査情報を漏らしていたことも追及されるが、きっぱりと否定する。

「断じて、ありません。」

しかし懲戒免職もあり得る状況に、変わりはなかった。

和馬を慕う橋元エミリ(岸井ゆきの)は、和馬を救いたいと願う。

警察上層部が執拗にLの一族を狙うことに不審を抱く和馬は、エミリにそのことを尋ねるが知らないと言われてしまう。

もう忘れたほうがいいというエミリに和馬は答える。

「もう二度と会えない、会ってなどいけない。そんなことはわかっているんです。でも、どうしようもなく会いたいんです。」と。

華たちの懸賞金は一千万円!

店のママに買い物を頼まれた華は、美しい夜空を眺める。

思い出されるのは、和馬と天の川をみたあの日のことである。

華が店に戻ると中は、荒れていた。

流しの男と客がもめたようだ。

店のママから、本気で男を愛したことがあるだろう、その男と別れたのかい?と言われる華。

別れたが、和馬が言ってくれた言葉を華は話す。

「必ず迎えに行く」という言葉を。

そして

「もうこれ以上、彼を苦しませたくない。私みたいな人間が、人を愛してはいけなかったんです。」という華。

 

テレビ報道により、華がLの一族であることをママも従業員の一人も確信する。

それを見て口止めするママ。

華たちは一千万円の懸賞金がかけられていた。

またあなたと愛し合いたいよ

警察の捜査はスナック夜蛾にものびていた。

ママは「知らない」と言い、見逃してくれていた。

和馬は秘密ルートの出口であるロッカーを訪ねる。

現れたのは円城寺輝(大貫勇輔)。

「愛しき恋人よ。どうして僕から離れてしまうの〜。

If I can see you again〜

この身も心も(捧げたい)

If I can see you again

命果てるまで(捧げたい)

もう一度会って〜

全て受け止めて、またあなたと(愛し合いたいよ)〜♪」と歌う。

 

和馬と円城寺は初対面。

華から一言も何も聞いていないと言われた円城寺は、ショックを隠し切れない。

和馬は巻から、すぐ戻って来いと言われる。

悦子・尊・マツもスナック夜蛾へ

華が店に戻ると悦子が店に来ていた。

元銀座のママという事になっている。

そこに演歌歌手という事になっている尊もやって来る。

その前はトラックを転がしていたという設定だ。

呆れる華。

さらに三雲マツ(どんぐり)までやって来る。

作り話は延々と続く・・。

そして店の従業員は、華が触った酒瓶の指紋を保存し、店の奥に持っていく。

 

悦子は悦子で、銀座での愛人契約のことを話す。

3年後に奥さんにバレたとか、、子どもを産んだとかの話も出る。

 

真に受けたか演技を、ママは同情して泣いている。

 

その頃、従業員は外に走り出し華の指紋のついた酒瓶を和馬たちに引き渡す。

指紋が一致したら逮捕状をもって踏み込むことになる。

彼を盗み出しておくれ

ママは昔の内縁の夫のことを話しだす。

男は足を洗うと言われ喜ぶママ。

しかし結局男は逮捕されてしまう・・。

ある日ママは、出所した時に待っていてくれるなら、店の前に一枚の黄色いハンカチをぶら下げていて欲しいとの手紙をもらう。

しかしママは出さなかった。

ところが最近考え違いをしていたという。

華はママからその男を盗んで欲しいと頼まれる。

「できるだろう。あんたらLの一族なら。」

男は結局、組を抜けさせてもらっていない。

「彼にはもう、犯罪に手を染めてほしくないんだ。だからお願いだよ、彼を盗み出しておくれ。」

黄色いハンカチーフ

麻薬の取引現場には男が来ていた。

そこへ突然、大型のトラックが。もちろん尊が運転している。

尊もそして悦子も男たちをやり込める。マツも得意の手刀をお見舞いする。

男を連れ出す華。

立ちふさがるのは鉄パイプを手にした男だ。

こんな男に負ける華ではない。いつも以上の華麗な動き。

しかし一度倒されてしまう・・。

そこへ現れたのは5匹のてんとう虫。改・天・翔・絆そして神だ。

「ここで会ったが運の尽き。あんたが犯した罪、悔い改めな。」

皆で男を届けるも、男は躊躇する。

しかしそこではたくさんの黄色いハンカチーフが風に翻っていた。

そして薄井佐知と男は抱き合う。

「またいつか会うその日まで、二度目の解散。」

店を出ようとする華に、ママは彼を信じろと言ってくれる。

華の荷物には一枚の黄色いハンカチーフが結ばれていた。

和馬は巻に、俺に行かせてくださいと頼みこむ。

一人、店の中へと進む和馬。

「かずくん…。」

抱き合う二人。

しかし和馬の右手には手錠が。

「すまない、華。」

華は千葉県警の車両で連れていかれる。

ルパンの娘 第8話 感想

何という悲しい話でしょう。

行く当てもなく、お金もなく東京の街を華はさまよい歩きます。

執拗に迫る捜査の手は、もうすぐそこまでやってきています。

これだけ哀れな華の姿は初めてです。あれだけ正確な手配書が行き渡っては、見つかるのも時間の問題でした。

運よく人の好いスナックのママに拾われたものの、お客や従業員まで華をかくまってくれるはずがありません。」案の定、借金をしている従業員が懸賞金に目がくらんで、華のことを通報しても責めることはできません。

単純な男でしたら、警察も家族も放り投げて、華を守りに走るでしょう。

和馬の立場だったらそうしてしまいそうです。

ところが和馬は違いました。迷いつつも、警察官の立場で今できることをして、逆転の一手を考えています。

一般の刑事ドラマなら、ここまで深くLの一族にかかわっていた和馬は捜査からはずされると思います。

それがない分、十分活躍ができました。

逆転の望みは、警察上層部が必要以上にLの一族を追い詰めようとしている点です。

これは警察上層部が、何らかの弱みを握られているということではないでしょうか。

これを何とかして取引の材料にして、華をはじめとする、Lの一族への追及を終わりにできないでしょうか。

それともこちらの想像や妄想をはるかに上回る、秘策が用意されているのでしょうか。

できればそうあってほしいです。一般人の小さな考えをあっさり覆す秘策に期待します!

少し残念だったのは、渉兄さんへの尊の手助けの少なさです。

真っ先に渉のことを考え、準備をしてほしかったです。

ただおかげで結果的に、渉は強く生きられるようになってきました。

ただ一人、面が割れていないのも強みですね。

てんとう虫3号絆で子どもをよみがえらせたり、華のピンチに5つのてんとう虫を駆使したりして助けています。もう大活躍でしたね。人としての優しさが、最大限生かされた瞬間でした。

華は警察に捕まり、三雲家は散り散りになってしまいました。

客観的な状況では、最大のピンチです!9話では奇想天外な展開を待ち望んでいます。

ルパンの娘 8話キャスト出演者は?

『ルパンの娘』第8話に、7月18日(木)に放送された『アウト×デラックス』の『ルパンの娘』オーディションに見事合格し、出演権を勝ち得た遠野なぎこさんが、メーンゲストとして出演しました。

スナックのママ・薄井佐知(うすい・さち):遠野なぎこ

Sponsored Link

ドラマ ルパンの娘 第8話見逃し配信 無料動画や再放送は?

放送終了後、1週間は『 FOD見逃し無料  』で視聴可能です。

地上波で再放送は、今のところありません。

なので、見逃した方は1週間以内に『 FOD見逃し無料  』を利用して視聴した方がいいと思います。

 

また1話から視聴したい場合や1週間を過ぎた場合は

FODプレミアム』で視聴可能です。

>> 詳しい無料視聴方法はこちら <<

ドラマ ルパンの娘 第9話あらすじ

三雲華(深田恭子)は、よりにもよって愛する桜庭和馬(瀬戸康史)に手錠をかけられ逮捕されてしまった。護送されるパトカーの中、華は和馬から贈られて来た愛に想いを馳せる。

和馬は無事に捜査一課への異動が決まる。だが、和馬はこの異動に疑問を持っていた。そこで和馬は橋元エミリ(岸井ゆきの)と会う。そして、元警視総監のエミリの祖父に今回の人事の裏に何かあるか聞き出して欲しいと頼んだ。だが、エミリは祖父と話など出来ないと、和馬の依頼を断る。エミリは、交際して欲しいと言う自分の願いへの和馬の答えを聞いて来た。和馬は、誰かを好きになる事は二度とないと告げる。

一年後、三雲家のタワーマンションに、尊(渡部篤郎)悦子(小沢真珠)渉(栗原類)マツ(どんぐり)が戻って来る。相変わらず同じマンションの住人たちから高級食材を盗む泥棒三昧の家族たちだ。一年経てば“Lの一族”など、世間は忘れてしまっていると尊たちは余裕を持っている。

一方、一年前は華への想いから恋を諦めようとしていた和馬は、なんとエミリと婚約し、結婚式への準備を進めていた。また、和馬は捜査一課で新たな事件捜査に乗り出す。飲食店で働く女性が二人連続で、いずれも三人組の男たちに連れ去られるという事件だった。捜査会議後、和馬は久しぶりに巻栄一(加藤諒)と会う。エミリと婚約したことに巻も驚いていた。和馬は、なぜ自分がエミリに心を開くことになったのかを、巻に話し始める。

引用:https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume/story/index.html

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

Sponsored Link
Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました