ルパンの娘 4話ネタバレ感想と5話あらすじ!ドラマ見逃し動画を無料でみる方法も!

2019年夏ドラマ
スポンサーリンク

こんにちは!

今回はドラマ「ルパンの娘」4話ネタバレ感想・見逃し視聴方法と5話あらすじを紹介します。

今すぐ4話を視聴したい方は、FOD見逃し無料で無料視聴できます。

>> 今すぐ「ルパンの娘」を視聴する方はこちら <<

※放送終了後1週間のみ

>>見逃し配信無料視聴方法はこちら <<

>> ルパンの娘/キャスト一覧 <<

ドラマ「ルパンの娘」4話ネタバレ

三雲華(深田恭子)と桜庭和馬(瀬戸康史)は、家族連れが楽しむ公園に来ている。

このような家族になりたいと語る和馬。

しかし、そうはなりそうにないことが分かっている華。

桜庭家に侵入し、逮捕された強盗3人組の自供から、スーツを着た女がかかわっていることが判明し、和馬は華に事の真相を話すよう迫る。

華が観念しかかった時、和馬が自分から話し出す。

ふざけたコスチュームを着ている女は、今追っているLの一族の一人なのだと。

現場でこの女を見なかったか聞かれた華は、見ていないと言ってしまう。

和馬が見合いをする

和馬が家に帰ると、父親の桜庭典和(信太昌之)が待ち構えていた。

和馬に見合いをしろというのだ。

相手は元警視総監の孫娘であり、警察に勤めてもいる。

名前は橋元エミリ。

母親の桜庭美佐子(マルシア)は反対している。

三雲華を気に入ってきたからだ。

和馬は苦境に追い込まれる..。

見合い話を断ると捜査1課への道が絶たれてしまうのだ。

一方、三雲家での和馬の評価は高い。

そして危機を察している華は、金輪際泥棒はしないと宣言する。

 

八方ふさがりの和馬..。

母親の助言で、見合いはするも断られるという方法を見出す。バカ真面目でバカ正直、何の面白みのないいつもの調子なら大丈夫だと。

とっとと見合いして、断られてきなさいと。

そうアドバイスされ和馬を見合いをすることになった。

 

一方、Lの一族の今回のお宝は金塊だ。

だまし取った金を金塊に換えて隠し持っている人をターゲットにした。

楽しくはないが、つまらなくもない

華の図書館には結婚を控えた女性が現れる。

とても幸せそうである。華も励まされる。

 

和馬、見合い当日。

和馬のことは警視庁の社内報で知ったようだ。

いきなり顔を見ないでくれと言うエミリ。

異性が苦手で基本家におり、趣味もないという。

和馬には話題が見つけられない。

すると急に「お見合いだ あなたとわたし お似合いだ」つぶやくエミリ。

俳句というより川柳か..。

その見合いの様子を観察するのは、円城寺輝(大貫勇輔)である。

また巻栄一(加藤諒)はエミリのいとこにあたる。

 

エミリに「おもしろくないでしょう」という和馬。

しかし「そんなこと ないと思うよ わたしはね」と五七五で意外な返事が返ってくる。

 

一方、華の帰り道に円城寺が歌いかける。

「華の彼は刑事じゃない結婚詐欺師なの?」

「そんなわけ・・・」

と歌を中断し、見合いの現場写真を見せられ動揺する華。

 

その夜、和馬のお見合いの返事が届いた。

一緒にいて楽しくはなかったが、つまらなくもなかったというのだ。

二人で俳句を詠みあいたいとのことで、見合いは成功してしまった。

和馬に嘘をつかれた華

和馬の事が気になり、円城寺と先に喫茶店で和馬たちを待つ華。

情報通り、二人はやって来た。

ほかのお客の声で二人の会話は聞き取れない。

和馬はエミリに、本当は付き合っている人がいると打ち明ける。

俳句の詠み合いもできないと断る。

そして円城寺はカブト虫初号機を二人の席に仕掛ける。

初めて会った日から好きだったと。

許されない恋だとしても結婚したいと。

てんとう虫から聞こえてきたが、和馬は華のことを話していた。

だが、華は相手の女性のことを言っているのだと誤解してしまう。

エミリは和馬と同じで、ずっと面白くないと言われてきたという。

それで五七五の中でしか、本当の気持ちが言えなくなったという。

友達として付き合いたいというエミリ。

 

一方、勘違いして落ち込む華。

そこへ和馬から華へ電話が入る。

和馬は今まで何していたかを問われると仕事だと答える。

華は何していたかを知っていた。

嘘をつかれた華は、聞かれたら困るようなことでもあるのかと問う。

さすがに和馬も華の様子がおかしいことに気付くのだった。

国際ロマンス詐欺

Lの一族の女の情報は、テレビでも放映されていた。

和馬は警察署で、国際ロマンス詐欺の被害者の女性、木口智子(山崎静代)と遭遇する。

相手の名はウィリアム。

軍人を装っていた。

すぐには会えない職種の設定が詐欺には多い。

年月をかけて甘い言葉のメールを送り、その気にさせる。

そのあとはお決まりの、お金に絡む話である。

今回は、けがの治療の手術代であった。

実際の男は、蛭沼隆 42歳だ。

貸したお金は2000万円。

木口智子はいつか華の勤める図書館に来ていた女性である。

結婚を控えていると言っていた。

そのことに気付いた華。

嘘つき男であった事、知り合いが騙されたことを知り、華も今回の盗みに参加する事になった。

それぞれの思いで、現場へ

蛭沼のだまし取った金は、金塊に換えられ、アジトにある。

一方、木口智子自身も蛭沼への復讐を企んでいた。

偽札を用意して、蛭沼のアパートへ入り、格闘となる。

 

和馬は上司の巻栄一に悩みを話す。

華に嘘をついたことである。

巻のアドバイスは一つ。

今やるべきことは何かということ。

和馬はLの一族を捕まえる志を新たにする。

蛭沼の情報を得た和馬は、Lの一族が金塊を狙って現れるとふみ、現場へ駆けつける。

恋する女のハート

現場の周囲には、警察と野次馬。

さらにSATの部隊まで投入された。

SATの部隊の長は、桜庭典和である。

SAT部隊の半数は、3階から2階への侵入をする予定だ。

三雲尊(渡部篤郎)と三雲悦子(小沢真珠)はそこをおさえ、入ってきたSAT隊員を催眠スプレーらしきもので撃退する。

しかし玄関前に陣取るSAT部隊の撃退は困難である。

三雲渉(栗原類)からてんとう虫3号の新しい機能を使う提案があり、実行することとなる。

放たれるてんとう虫3号・翔。

順調に飛んでいたが試作品であるため途中で落下してしまう。

次の手はガス噴射。

催涙ガスと見せかけてのヘリウムガスであった。

三雲マツ(どんぐり)が扉を開け、華は中へ。

格闘中の蛭沼と木口であったが、華はまず、木口を手刀で気絶させる。

 

何も盗んでいないと主張する蛭沼に、華は一番大事なものを盗んだという。

恋する女のハートである。

「ここで会ったが運の尽き。あんたが犯した罪、悔い改めな。」と言いお決まりのポーズも決める。

「華・・・」

現場に到着した和馬は、父からてんとう虫からの謎のガスの話を聞く。

てんとう虫に思い当たる和馬。

 

一方、金塊を回収するLの一族。

騙された人に返すと主張する華。

するとSATが戻ってきて、時間がない…。

 

華は蛭沼を縛っていた。

階段をのぼる和馬が迫る。

 

「見つけたぞ。Lの一族。」

しかし和馬が見たのは、恋する人だった。

「華・・・」

ルパンの娘4話 感想

ついに恐れていたことが現実になってしまいました。Lの一族として金塊の回収に何とか成功して逃亡する際、最後となった華は、和馬にその姿を見られてしまうのです。

さすがの和馬でも「華・・・」とつぶやき、気づいてしまいました。

この段階でこの事態になってしまうとは、びっくりです。

もう何の言い逃れもできそうにありません。

「そんなわけないよな」となるのでしょうか。警察での取り調べのような、生々しい展開にならないことはわかりますが、心配でなりません。

それにしても今回の金塊回収はかなり厳しい状況でしたね。

犯行時刻は昼間であり、多くの野次馬、警察官もいます。

おまけに訓練された重装備のSAT部隊までいるのです。

下調べも十分とは言えません。

蛭沼の部屋の上である3階の部屋は、いつおさえたのでしょう。

しかも現場のアパートの蛭沼の部屋には、蛭沼を襲う木口と張本人の蛭沼がいました。

困難な状況であればあるほど、楽しいとも言えますが。

てんとう虫3号・翔も新機能は不発でしたが、ガスの噴射でギリギリその役目を果たしてくれました。

しかしこのてんとう虫の多用から、和馬にLの一族の犯行である確信まで抱かせてしまったのは、なんとも皮肉な結果でしたね。難しいところです。

円城寺の活躍も前半光っていました。かぶと虫初号機を駆使して、和馬たちの会話を盗聴できました。

ただこの盗聴により、華の和馬に対する誤解が深まったのは面白い展開です。

見合いの場面でも、かぶと虫初号機は登場していましたし、こうした新兵器の登場は、本当に楽しみです。

そして最後の場面が衝撃的でしたので、和馬の見合いの話がややかすんでしまいました。

休みの日の過ごし方と趣味から話を盛り上げようとするのは、最もよくある手順ですが、ここで途切れてしまうと苦しいのが、見合いです。

たとえ和馬でなくても、エミリさんと話が盛り上がるのは、困難でしょう。

本気で困る和馬の様子がかわいらしかったです。

もちろんエミリさんが魅力的なら、五七五を必死に考え、盛り上げようとしたでしょう。

和馬が、華一筋であるこのドラマではエミリさんに恋してしまうとなると、いろいろ崩れてしまいます。

せめて五七五の応酬は見てみたかったです。

そしてその楽しそうな応酬を華が知ってしまい、落ち込むというような展開を期待していました。

次回、正体がバレてしまったとこからですが、どうなるのか楽しみです。

みんなの感想

Sponsored Link

ドラマ ルパンの娘 4話見逃し配信 無料動画は?

放送終了後、1週間は『 FOD見逃し無料  』で視聴可能です。

また1話から視聴したい場合や1週間を過ぎた場合は

FODプレミアム』で視聴可能です。

>> 詳しい無料視聴方法はこちら <<

ドラマ「ルパンの娘」第5話あらすじ

金塊を盗み出した時、三雲華(深田恭子)桜庭和馬(瀬戸康史)と顔を合わせた。ついに自分が“Lの一族”だとバレてしまったのではないかと不安になる華は、和馬に呼び出される。

正体を偽っていたことを謝ろうとする華だが、先に頭を下げたのは和馬。和馬は橋元エミリ(岸井ゆきの)とお見合いしたことを正直に話して華に詫びる。

断ったと聞いてホッとする華だが、和馬は昨日の18時ごろにどこにいたのか尋ねて来た。それは、華が和馬と顔を合わせた時間。華は明日、結婚記念日を迎える両親への動画を撮影していたと和馬に見せる。撮影時間を見た和馬は華を抱きしめた。和馬の胸の中で、華はまたウソを重ねたことを嘆く。

華が帰ると、尊(渡部篤郎)悦子(小沢真珠)マツ(どんぐり)は次のターゲットを決めていた。世界各国の男にすり寄り、金品を奪う女泥棒から200億円はするという伝説のダイヤモンドを奪う計画。しかし、まだ女泥棒のアジトがつかめていない。渉(栗原類)はタブレットから、女泥棒には男二人の強面の手下がいると警告。華はもう泥棒はしないと断った。

マツは和馬と何かあったのかと華に聞く。アリバイ動画はマツと作ったものだった。信じてもらえたようだと華が話していると、和馬からメッセージが着信。和馬の両親の結婚記念日も明日なので、合同結婚記念パーティーを桜庭家でやろうとの誘いだ。マツがうっかりメッセージを読み上げると尊たちに聞かれ、桜庭家へ出向くことに…。

引用:https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume/story/index.html

最後までお読みいただきありがとうございます。

Sponsored Link
Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました