ルパンの娘 ネタバレ3話感想と4話あらすじ|無料見逃し動画の視聴方法も!

2019年夏ドラマ
スポンサーリンク

こんにちは!

今回はドラマ「ルパンの娘」第3話ネタバレ感想と第4話あらすじを紹介します。

今すぐ3話を視聴したい方は、FOD見逃し無料で無料視聴できます。

>> 今すぐ「ルパンの娘」を視聴する方はこちら <<

※放送終了後1週間のみ

>>見逃し配信無料視聴方法はこちら <<

>> ルパンの娘/キャスト一覧 <<

ドラマ「ルパンの娘」第3話ネタバレ

三雲華(深田恭子)の彼氏である桜庭和馬(瀬戸康史)が警察官であることが、祖母の三雲マツ(どんぐり)にばれていた。

華が言い訳をするもマツは全然聞いてくれない。

家に帰ると父母も素っ気ない態度である。

父の三雲尊(渡部篤郎)からは、三雲家をつぶすつもりかと聞かれてしまう。

それは和馬が警察官であることが、バレたのではなく、祖母のマツの手刀で倒れたことが問題だった。

「間抜けにも程がある。警察に捕まって終わりだ」と言われ別れるよう厳命される。

マツには「Love is overや〜」と言われる。

そこに兄の三雲渉(栗原類)から新たなお宝の情報が入る。

トルンダワ王国の秘宝、プラココアンである。

それは新進気鋭のIT社長の家にありSNSの投稿から得た情報である。

そのお宝は脱税して得たものであり、盗むに値すると判断した。

 

一方、桜庭家では犯人を逮捕した和馬が桜庭典和(信太昌之)に褒められていた。

ただそのアポ電強盗の対象が三雲家だったことが、桜庭美佐子(マルシア)には引っかかる。

父より母のほうが数倍、勘がよい。

三雲家からは全く指紋が検出されない。そして華の図書館での身のこなしの鮮やかさがあった。

桜庭美佐子は再び、華が勤める図書館を訪ねる。

意外なことに仕事の帰りに家に寄って欲しいという。

SNS強盗

桜庭家にやってきた華は、夕食を美佐子と一緒に作ることになる。

華は、美佐子に渡されたメモ帳に、桜庭家のカツ丼のレシピを書き入れる。

 

一方、和馬の警察官内では、SNS強盗が横行していた。

SNSから得た情報をもとにお金持ちの家を特定し、機を見て盗むという手口だ。

巻栄一(加藤諒)の指示で、和馬もその犯人を追っていた。

3人組の強盗が逃げるところに出くわしたのは、桜庭典和。

ただ強盗犯とは気づけなかった。

犬のドンは犯人が落とした宝の一つを持ち帰る。

美佐子による華の情報収集

華は玉ねぎもキャベツもしっかりと刻めている。

美佐子は華よりずっと上手であり、そのメモ帳を保管し、指紋を得ようとしていた。

キャベツの千切りを30秒でさせたことにも意味はあった。

それで軽いけがをさせ、血液を巧みに採取する。

慰めると見せかけて髪の毛も一本抜く。

父が帰宅すると、そこには出来上がったカツ丼が。

それは取り調べを意味していたのだ。

続いて和馬も帰宅する。

母が華を招いたことを知り、不思議に思いつつも喜ぶ。

そして華は2階にいる祖父の桜庭和一(藤岡弘)を呼びに行く。

和一は瞑想から一転、華を斬りつける。

華麗にその刃をかいくぐり、最後は真剣白刃取り。

「初めまして、三雲華と申します。今、和馬さんとお付き合いを」

泥棒かと思ったと謝る和一。

その様子はすべて美佐子に見られていた。

母さんよりずっと素敵だ!

華の指紋やDNAを得ようと画策した美佐子の作戦は、和馬に見つけられ寸前で阻止される。

美佐子は開き直り、三雲家から指紋が検出されなかったことを話す。

さらに美佐子は、派手な格好の華の母親の悪口を言い始める。

さすがに怒る和馬。

「本当最低だよ。華に謝ってくれ。華のお母はいつもオシャレで、俺にだってよくしてくれて。いつも地味で、化粧っ気がなく、人を疑ってばかりの母さんなんかよりよっぽど素敵な女性だ」と強く言い放つ。

泥棒ホイホイ作戦

家から華を連れだす和馬。

華は立ち止まり思い切って別れを切り出す。

しかし和馬はあきらめなかった。

SNS強盗を逮捕し、捜査1課への道を切り開くという。

その会話を聞いていたのは、親戚の円城寺輝(大貫勇輔)であった。

 

悩む華に祖母のマツから応援する言葉がもらえる。

「黙っとてええちゃうん」

「まさしとき!バレんようにしたるわ」

「愛こそすべて。Love is overや〜」と。

さらにマツは、和馬に手柄を立てさせるための作戦を思いつく。

その名も「泥棒ホイホイ」である。

悦子 VS 美佐子

手始めに華は、温泉の宿泊券を3枚和馬に渡す。

桜庭家が旅行に出かけている際に、遊びに行きたいと華。

和馬はもちろん大喜びであった。

あと家の中の写真を何枚か送ってくれるよう頼む。すべては作戦のためだ。

 

一方、美佐子は強盗事件の犯人は3人だと言い残し、現場を離れる。

そこへ三雲悦子(小沢真珠)が通りかかる。

「こんな所で何してるんですか?」と美佐子に聞かれ、主婦友達とのランチパーティーだとごまかす。

そして仕事帰りだという美佐子に、悦子は強烈な一言を投げかける。

「仕事?私はてっきりお葬式の帰りかと思った」と。

意見も性格も見かけも正反対の二人である。

口ではどちらも負けていない。

悦子はお宝がある家付近に到着し、信じられない光景を目にする。

警察が現場検証を行っていたのだ。

渉は早速その横取り犯を特定しようとしていた。

 

桜庭家では温泉行きの話が一応まとまる。

桜庭家の内部の写真もゲットした。

マツの仕事は早く、SNSへの投稿も完了する。

そして桜庭家にてんとう虫3号をセットする華。

しかしその現場を美佐子に見られる。

何とかその場は誤魔化せたものの、美佐子はてんとう虫を発見する。

不審がる美佐子。

渉はてんとう虫から強烈な液体を噴出し、難を逃れた。

泥棒ホイホイ、セット完了✨

華は円城寺輝に呼び止められる。

彼は事件で忙しいからねと。

「華の彼は〜刑事な〜の?♪」「そんなわけないでしょ〜♪」と結局歌に付き合わされる華。

渉の検索により、3人の横取り犯が見つけ出された。

お宝は闇ルートに流れていない。まだお宝はあるはずだ。

逆に3人組はSNSからお宝を発見する。

それは、マツのあげた情報だ。

 

一方、美佐子は和馬の言葉を思い出し、犬のドンからネックレスを拝借する。

そして桜庭家の3人は、温泉に出かけて行った。

 

強盗3人組は、SNSを見て、即桜庭家へ向かう。

そのエレベーターに無理やり同乗したのは尊と悦子である。

悦子は妊婦を装い、大騒ぎをする隙に、尊は彼らの部屋のカギをいただく。

しかし部屋にお宝は無かった。

一方、華とマツは桜庭家に到着する。

和馬、強盗犯の一人を確保!

和馬と華が桜庭家で2人っきりになり緊張していた。

しかし早くも物音がする。「もしかしたら泥棒が入ってきたかも」と言う華。

和馬が様子を見に行く。

また、庭では別の物音がしていた。

何と尊と悦子である。

二人は3人組を追ってここに来ていた。

隠れてくれと頼む華の声に導かれ、和馬が戻ってくる。

両親を見つけられては困る華は、和馬の注意を集中させようとする。

「行かないで。私だけを見てて」という。

それが和馬の勘違いを誘い、和馬は華にキスをしようとする。

華の両親は興味津々で見つめていた。

そこへ美佐子が戻ってくる。

 

「やっぱり来てたのね。」と美佐子が言い、驚く和馬と華。

美佐子の怒りは頂点に達し「この泥棒ネコ!」と叫ぶ。

それを聞いて怒る和馬。おまけに美佐子は変てこなネックレスをしていた。

するといきなり停電。

畳の上を這い、美佐子に近づく尊と悦子。

二人は美佐子のお宝を狙っていた。

しかし、すぐ点灯する。

2階に上がった和馬は部屋が荒らされていることに気付く。

そこで襲われる和馬。

強盗3人組は、闇格闘技界のチャンピオン経験者の集まりだった。

恐ろしく強い….。劣勢の和馬だが、やられっぱなしではない。

様子を見に行く美佐子だが、別の犯人に出くわす。

助けに入る華だったが、全然戦力にならなかった。

 

和馬を助けようと、尊と悦子は2階にいき見守っていた。

和馬は尊が投げ入れた掛け軸を引っ張り、犯人を転がし、見事なプロレス技を決め、犯人を確保することに成功。

犯人確保しお宝も確保する!

倒れていた華にマツは服を渡す。

犯人と格闘する美佐子だが、かなうはずもない。

そんな美佐子は手刀一発で倒れる。倒したのは華であった。

「女に手出すんじゃないよ」といい格闘し

華にとっては不要のネックレスを取り上げ、外に放る。

 

ネックレスを見つけたのは3人目の強盗である。

華も素手では犯人にかなわない。フライパンで攻撃を防ぎ、反撃する。

物音で駆け付ける和馬。

見つかる寸前、マツはてんとう虫3号を廊下に放つ。

渉の必死の操作で、てんとう虫から針が出て、踏みつけた和馬は倒れて動けない。

間一髪である。

何とか反撃した華は、いつもの決め技でとどめを刺す。

「ここで会ったが運の尽き。あんたが犯した罪、悔い改めな。」

 

一方、お宝を持った最後の一人の犯人を追った尊。

例のエレベーターで、子どもが生まれたという情報を受け狂喜するそぶりを見せる。

迷惑がる3人目の犯人。

そして当然お宝は尊に盗まれていた。

桜庭家にふさわしい嫁

桜庭家では、二人目の犯人を倒したのが誰なのかが話される。

現場にいたのは美佐子の他に華だけだった。

犯人の攻撃をよけたら、犯人が頭を打ち倒れたと苦しく答える。

「あなた昔格闘技とかやってた?」と聞かれ

合気道を祖父から習ったと白状する。

すると納得し、犯人に立ち向かったことを褒める美佐子。

「桜庭家にふさわしい嫁よ」とまで言われる華。

また三雲家では、尊が和馬を気に入ったという。

「あれならLの一族を任せられる」と。

犯人を曲がりなりにも倒したからだ。

祖母・マツは「華、ようやったな!結婚街道まっしぐらや!」と大喜びである。

本当のことを聞かせてくれないか?

桜庭典和は、上司から一枚の見合い写真を渡される。

元警視総監の孫娘であり、刑事総務課所属でもある。

 

一方、和馬は華のいる図書館を訪ねる。

華に示したのは犯人がやられた女のスケッチである。

それは華そのものである。

“バレちゃった?”と内心思う華に

和馬:「本当のことを聞かせてくれないか。華」と問う。

ドラマ ルパンの娘 第3話 感想

今回もハラハラの連続でした。各場面のハラハラもそうですが、現在の展開のメインテーマである華の素性については、さらにきわどい状況に陥りました。

桜庭美佐子が、桜庭和馬が何か一つ聞いたり、感じ取ったりするたびに、華がどう答えるのか、どうなってしまうのか焦りっぱなしでしたね。

追い詰められているのに、なぜか不思議な安心感のある時間でもありました。

今回も三雲家、そして桜庭家の面々がそれぞれの立場で行動していました。

このお互いに連携を図っておらず、むしろ同じ家の者同士が反対の動きをしてしまうことに、面白ささえ感じています。

トルンダワ王国の秘宝をめぐっては、尊と悦子はその30億円という価値に魅かれ、盗もうとしています。Lの一族としての意地もありました。

マツと華は、そのお宝を狙うSNS強盗を和馬に逮捕させるために、泥棒ホイホイを展開します。

犬のドンは、たまたま強盗犯が逃げる途中に“プラココアン”を落とし、集めそこねた物を拾っただけです。

そして美佐子は和馬や悦子にオシャレをしていないと言われたために、たまたまドンが持っていたものを拝借しただけです。

SNS強盗にまつわるお宝が自宅にあることなど、夢にも思わない和馬は、母の美佐子が下げているのを見て、変てこなネックレスとのみ言っています。

2人目の強盗犯からネックレスを奪った華も、あっさり庭に放っています。

一つのネックレスをめぐって、このように皆のかかわり方は違います。

それを見事に融合させる作者の力に私は感心しっぱなしでした。

そして、てんとう虫3号は、またしても進化を遂げていましたね。

桜庭美佐子に発見されても、何らかの強烈な液体を噴出して難を逃れていました。さらに華が2人目の強盗と格闘している場面では、和馬を行かせないためにこれまた強烈なしびれ薬が仕込まれていました。

それを決める時の渉のポーズのタイミングは絶妙でした^^

楽しい話がさらに楽しく演出されており、うれしさ倍増です。

三雲悦子と桜庭美佐子の女の戦いも見ごたえたっぷりでした。どこからどう見ても正反対の二人。お互いに遠慮のないノーガードの打ち合いなので、迫力があります。

それでいて後味が悪いことなど全くなく、見せ場の一つでした。

そしてラストでは、いよいよLの一族と思われる女のスケッチが華に示されました。

華はどう答えて切り抜けるのでしょうか。次回も楽しみです。

みんなの感想

Sponsored Link

ドラマ ルパンの娘 3話見逃し配信 無料動画は?

放送終了後、1週間は『 FOD見逃し無料  』で視聴可能です。

また1話から視聴したい場合や1週間を過ぎた場合は

FODプレミアム』で視聴可能です。

>> 詳しい無料視聴方法はこちら <<

ドラマ ルパンの娘 4話あらすじ

三雲華(深田恭子)は、桜庭和馬(瀬戸康史)の母、美佐子(マルシア)の信頼を得た。しかし、和馬から“Lの一族”逮捕の手柄を立てて捜査一課に入ることが華との結婚条件と聞いてしまい胸中の複雑さは拭えない。

 

そんな折、和馬の父、典和(信太昌之)が見合い話を持って来た。相手は元警視総監の孫娘、橋元エミリ(岸井ゆきの)。華を気に入った美佐子は反対するが、典和は見合いを断れば和馬の昇進はなくなり、捜査一課への異動も出来ないため、華との結婚も無くなると言う。途方に暮れる和馬に、美佐子はとりあえず見合いをするよう勧める。見合いをしてエミリから断ってくれれば良いと言う美佐子に、和馬は勇気づけられる。だが、見合いの結果、和馬はエミリに気に入られてしまう。

華は円城寺輝(大貫勇輔)の協力で、和馬とエミリのデート現場へ潜入。円城寺が仕掛けた盗聴器で二人の会話を聞く華だが、聞こえて来たのは和馬からエミリへの愛の告白。実は、断片的な会話に過ぎず、和馬はエミリとの結婚を断っていたのだが、華は誤解してしまう。

傷心の華が家に帰ると、尊(渡部篤郎)たちが騒いでいる。ニュースで“Lの一族”の似顔絵が公開されていたのだ。泥棒コスチュームの華だが、本人と見比べた尊たちはこの似顔絵では分からないだろうと一安心。そんな尊たちの新たなターゲットは国際ロマンス詐欺師。この男が女性たちから騙し取った金で集めた金塊を奪い取ろうというものだった。

引用:https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume/story/index.html

最後までお読みいただきありがとうございます。

Sponsored Link
Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました