Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

3年A組ネタバレ 6話感想と7話あらすじ!まいんちゃんの成長にビックリ!

2019年冬ドラマ
スポンサーリンク

こんにちは!

今回は「3年A組」第6話 ネタバレと感想と第7話あらすじを紹介します。

>今すぐ「3年A組」の動画を視聴する方はコチラ<

3年A組  第6話 あらすじネタバレ

–3月5日–

柊一颯(菅田将暉)は、自らSNS「MIND VOICE」に動画を投稿する。

「僕は、景山澪奈(上白石萌歌)を自殺に追い込んだ犯人を捜しています。」

「それが、魁皇高校の教師の中にいます。」

ヒーロー編 開幕⚡︎

授業が始まる。

「これから信じる信じないゲームを始めようー!」

柊は3月5日の夕刊紙をもって、写真に納まっている。

生徒たちは簡素ながら自由な席で食事をしている。

シャワーも浴びた。

その写真は、生徒が整列して黒板のほうも向いて立っており、顔は写らず、人数把握ができるようになっている。

写真とともに「柊です。生徒は誰も死んでいませんよ。」のコメントを投稿する。

生徒が死んでいないことが、確認され多くの投稿の空気が一変する。

ヒーロー扱いする投稿も。

「ヒーロー編、開幕!」

柊の真意はどこに・・

3月6日午前9時。

柊は、武智大和(田辺誠一)に電話をかける。

「景山澪奈のフェイク動画をベルムズに依頼したhunterは、今夜8時までに名乗り出てください。」

「名乗り出なかった場合、教室を爆破します。生徒の命は教師の皆さんにかかっています。」

この発言に生徒たちは、一斉に非難の声をあげる。しかし柊は言い放つ。

「お前たちと仲間になったつもりはない。真実を暴くために命を差し出してほしいという意味だ。」

柊は、再びカバンと携帯を回収する。

「うわべだけで物事をみるな。本質から目を背けるな。Let’s think」

 

結城美咲(箭内夢菜)は、回収した袋を運ぶ際、携帯1台を抜き取っていた。

柊は、元咲宮高校教師、相楽文香(土村芳)の話をみている。

「きっと、ベルムズに頼んだんだと思う。前に聞いたことがあって。あの人から..。」

 

その頃、郡司真人(椎名桔平)は、相楽家を再び訪れる。

父親は文香に会わせてくれないが、本人が出てくる。

そして「柊は私のためにあんなことをしているでしょう。」という。

しかし、話そうとする文香を父親は制止した。

水泳部顧問の坪井が有力候補?

教室では、茅野さくら(永野芽郁)の司会で、犯人捜しをする。

ここまでで、校長の市村浩一(ベンガル)、坪井勝(神尾佑)、佐久間現(バッファロー吾郎A)、森崎瑞希(堀田茜)、武智に絞られている。

誰に関しても、動機がはっきりしてこない。

そんな中、水泳部顧問の坪井が怪しいとなる。

水越涼音(福原揺)は坪井が原因で水泳部を辞めたという。

病院に付き添ってもらっただけの中尾蓮(三船海斗)との写真をぶちまけ、ののしったのだ。

水越は、結城が携帯を所持していることを知り、動画の撮影を頼みSNSに投稿するように言った。

その動画の内容は、水越本人が、坪井のセクハラ・パワハラを告発する内容である。

坪井がフェイク動画の犯人であるとの推測も語っている。

MIND VOICEに投稿するか結城は迷っていた。

美術準備室でその様子を見ている柊と、夕食を取りに来た茅野。

柊は二人の会話を聞いても止めない。

茅野は柊にあれこれ聞くも答えてもらえない。

ただ今回の目的はこの犯人捜しの先にあるとだけ答える。

柊の体調は、悪化の一途をたどる。

柊の特撮時代

郡司と宮城遼一(細田善彦)は、放来撮影所を訪れる。

柊が美大時代にアルバイトをしていた。

ヒーローものの特撮で、怪獣のデザインや造形を担当していた柊。

さらにスーツアクターでの悪役も任されていたという。

 

一颯を知る人物は、世界を敵にまわしてでも誰かのために戦うような人だったと語る。

そんな時、一颯は、ガンにおかされたという。

そこで柊は、相楽文香とともに教師を目指すことにしたというのだ。

相楽文香とは撮影所の社長、相楽孝彦(矢島健一)の娘であった。

坪井先生の真実

夜7時50分。

教室に入ったきた柊は、先ほど撮った水越の動画について話す。

「この動画を見たらみんなが坪井先生が犯人だと思うな」

 

柊の問いかけにも犯人は名乗り出ない。

「生徒たちの予想では坪井先生が犯人だと思ってる」

そして水越に説得するように言う柊。

「たった1日..練習を休んだだけなのに何で私から水泳を取り上げたの?」と水越は訴える。

「私が蓮と付き合ったる事にムカついたんでしょ?れいなについても気がないと分かったから追い詰めた。」

それを憎んでフェイク動画を作ったのだろうと続ける。

しかし校長は「それは違います。本当の事を伝えるべき」といい、坪井本人が話し始める。

「誰よりも努力していた。俺が教えていた中で一番頑張っていた、けどそれがいけなかた」

あの日、お母さんから連絡があり、一緒に病院へ行き、病状を聞いたともいうのだ。

『致死性不整脈』

選手を続ければ命を落とす危険性があった。

「お母さんから説得するように頼まれた。俺にはああゆうやり方しか思いつかなかった..」

「結果的にそれがお前を苦しめていた…本当に申し訳なかった」

伝える手段が間違っていたとして、坪井は水越に謝った。

自分の言葉に行動に責任を持て!

話を聞いて動揺する水越。

「知らなかった…何も」

坪井の事情も知らず、思い込みで動画を投稿したことになる。

後悔する水越に

動画の投稿は、柊により止められていた事を伝える。

それを聞いて安心する水越。

「何がよかったんだ。お前がこの動画をネットに流そうとしたことに変わりはない。」

「この動画が世間に広まったら、坪井先生がどんな目にあっていたか、よく考えたのか。」

「お前の不用意な発言で、身に覚えのない汚名をきせられ、本人が、家族が、友人が、傷つけられたかもしれないんだ。」

仕方がなかったから許すように生徒たちは訴える。

そんな生徒たちに柊は返す。

「何を反省しているんだよ。いい加減目を覚ませよ。変わってくれよ!!!」

「目の前で起こっているものを、ちゃんと目で受け止めて、頭に叩き込んで、胸に刻むんだよ。」

「本質から目を背けたらダメなんだよ。お前たちはもう感情に任せて、過ちを犯せる歳じゃないんだよ。許される歳じゃないんだよ。」

「だからもっと、自分の言葉に自分の行動に責任を持てよ。」

「お前の言葉一つで、簡単に命を奪えるってことを忘れるな。」

朝のヒント👆

それでも犯人は名乗り出ない。

「名乗り出なかった罰として爆発します」と言い

柊は教室を出ると鍵をかける。

夜8時ちょうど。

大きな爆発音が….。

爆破されたのは3年B組だった。

生徒を見殺しにしてまで保身に走ったあなたたちを世間はどう思うかと柊は問う。

『眼鏡をかけているときは信じろ。はずしたときは信じるな。』

茅野は朝のヒントに気づいていた。

皆に言わなかったのは、先生が自分で気づいてほしかったと思うからと話す。

「ちゃんと考えるってことを。うわべだけで物事をみないように、本質から目を背けないように。」

 

そして特撮のヒーロー、ガルムフェニックスの決め台詞が「Let’s think」だと堀部瑠奈(森七菜)が思い出す。

hunterは武智大和?

相楽孝彦は個人名義で、造形物の発注、火薬の購入を行っていた。

柊一颯と相楽孝彦はつながっていたのだ。

2018年9月25日午後5時過ぎの動画が投稿される。

映っているのは景山とhunterか。

約10分後男だけがビルから出てきて走り去る。

「いよいよ追い詰められましたよ、hunterさん。いや武智大和先生。Let’s think」

3年A組 第6話 感想

前回の様子から生徒たちには、殺されるかもしれないという最悪の緊張感は薄れていました。

ただ今回の展開は、今までのような想定の範囲内とは違っていたような気がします。

カバンと携帯を回収した時に、わざと隙をみせ、携帯を生徒に手に入れさせたまではわかります。

それでも水越が結城に自身の告発動画を撮らせ、投稿しそうになるまでは想定していたでしょうか。

今回の柊の教えは、そんなやや緩んだ空気を打ち破るような迫力がありました。

柊は、この日に至るまでの教えで もう少し生徒たちが、自分の言動に行動に責任を持つようになってくれているのではないかと期待していたようです。

それが裏切られた形が今回の告発動画です。

自身の病状の悪化も手伝い、やや焦りが感じられました。

いつも以上に水越に対し、激しく自身の教えを話すさまは、その焦りの表れだった気がします。

人の命を奪いかねないネット上の投稿。

これを誰よりも危惧し、その危険性を訴えたい柊の気持ちは十分に伝わりました。

結局、フェイク動画を作らせた者が誰かは解明されませんでした。

ただ物語の進行上は、たくさんの新事実が判明しました。

柊が学生時代、特撮に大きくかかわっていたこと、撮影所の社長が相楽孝彦だったこと、そのころ相楽文香と知り合っていたこと、また相楽孝彦は柊と通じていたこと、文香はそのことを知らない。

これから郡司の捜査は一気に加速しそうです。一週間が長く感じるほど次回が楽しみです。

みんなの感想

Twitter / ?

まいんちゃんの成長にビックリ!

うつきれもん🍋 on Twitter
“あのめっちゃ怒られてた子まいんちゃんだったんだ。どうりでどっかで見たことある顔だと……ほーん。何かすっきりした。”

>>福原遥/詳細プロフィールはコチラ<<

3A -6話-の見逃し動画を安心に無料視聴する方法!

ドラマ「3年A組ー今から皆さんは、人質ですー」第6話は

放送終了後から1週間以内は「TVer」で無料配信されています。

1週間以上経過している場合は「Hulu」で視聴可能です。

>>TVerはコチラ<<

>>Huluはコチラ<<(2週間の無料体験あり)

より詳しい情報は以下の記事で紹介しているので是非ご覧ください。

>>「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」をお得に無料視聴する方法<<

Sponsored Link

3年A組 第7話 あらすじ

一颯(菅田将暉)に名指しされた犯人教師の名は、武智大和(田辺誠一)であった――。
澪奈(上白石萌歌)を陥れるフェイク動画の作成を依頼したのは武智だと一颯が告発したことにより、世間の声は一斉に武智に向き始める。しかし、完全潔白を主張する武智。一颯は、夜の8時までにすべての罪を自白することを勧告し、さもなければ武智にとって“一番大事なもの”を奪うと言い渡す。

そして教室では一颯が生徒たちに、澪奈が命を落とした当日の映像を見せる。その映像には亡くなるその日に「フェイク動画の犯人に会いにいく」と告げていた澪奈の姿が映されていた。さらに、世の中に流れている澪奈の死の当日の防犯カメラ映像とみられる動画を教室内で公開し、そこに澪奈と共に怪しい男性が映されていたことが分かる。

 

……だが、いつもと違うのは決定的な証拠や確証がそこにはないということ。武智への疑惑が深まる中、瀬尾(望月歩)(富田望生)が異議を唱える。一颯は生徒たちに、澪奈と一緒に映っている人物が武智なのか、それとも別人なのか、映像を解析して見極めるようにと告げる。
名指しされた犯人教師。一颯の狙いとは。この事件の真相とは――。核心に迫る第7話。

引用:https://www.ntv.co.jp/3A10/story/

3年A組-今から皆さんは、人質です-

第1話のネタバレ感想

第2話のネタバレ感想

第3話のネタバレ感想

第4話のネタバレ感想

第5話のネタバレ感想

3Aダンスの元ネタは?

犯人や黒幕は誰?視聴者の予想まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Link
Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました